幼少の頃の「宇宙文字!?」発見されるとジョン・レノンとの内的邂逅!

 

8月もそろそろ残すところ、4日となりましたね。

僕の子供の頃には、夏休みの宿題が、全部溜まって来て「そろそろやらなきゃなぁ〜。面倒臭いけれども。」

と云う時期でしょうか。

それは、今もあんまり、変わっていなくて、BLOGもこの時期に「そろそろ、溜まったものを書くかなぁ〜」

と云う事で筆をとっている感じです。

 

まぁ、今年は、異常に暑い夏で、台風も沢山来ましたし、これからも沢山来そうですし、6日前の8/22日には、

こちら関東地方には、モロに台風が上陸しまして、藤沢市でも「避難勧告」が近所のスピーカーから鳴りましたが「大丈夫だろう津波は」と、な〜んにも、心配していませんでした。

河川が近い場所は、相当に水かさが増して、ちょいと、避難しないといけないかも?とは、思っていましたが、

海辺は全然、大丈夫でした。

BTTUセッション3周年記念キャンペーン特別企画』で、結構、忙しい時期でもあり、8月25日には、お陰様で、

44名さまのご予約が全て、埋まりまして、9月の上旬位までは、ご予約の方々へのセッションの提供で、

毎日、忙しい日々が続きそうな僕で、夏休みと云うものも、特に儲けませんでした。

BTTUセッション3周年記念キャンペーン特別企画』へご参加して頂いた方々の皆様、

大変ありがとうございました。キャンペーンのご報告や、ご感想等は、又の機会に譲るとしますね。

 

今回は、6月頃に、実家の大掃除をしていた時に、発見された、面白いもののお話と、

6月に書こうと思っていた事を、それぞれ書きますね!

 

 

僕の赤ちゃん時代の宇宙文字(!?)、発見される!

 

6月に、両親の代行で、沢山のモノを処分しに帰省していた折に、細かく、仕分けをして、ドッサリと、不要なものを処分した後に、母親に「こんなものが出てきたわよ」と初めて見る「黄色の一冊の本」。

 

赤ちゃん日記」とある。

「母子手帳」は見た事がありましたが、これは、全然、記憶に無く初めて見るものでした!

まぁ、それは、当たり前なんですが、どうやら僕が産まれた1966年〜68年にかけて、母親が付けていた

出産・子育日記」みたいなものである。

 

「ふ〜ん」と母親と一緒に眺めていたら「あれっ、変な、文字があるけれども!!!」と僕が発見しましたが、

どうやら、自分が1歳だか2歳頃に描いた「ラクガキ」と同じ、ボールペンのタッチなんですが、読めない文字が!!

 

自分でも「さっぱり記憶が無い!

「ラクガキ」は、描いた記憶があるんですが、この「妙な文字」に関しては、全く記憶が無いし読めない!!!

 

あ〜??、宇宙文字か何かだろうかね〜!?」としか思えない‥‥。

大体が、小学校6年まで「右脳」だけしか使って来なかった人間なので、文字は「絵や記号にしか見えない」。

意味とか、殆ど、中学に上がるまでは、理解できず「()」って云うのが出できた時に「???」と云う具合で、

さっぱり解らず、概念が解ったのは、思春期に自分で洋楽を聞き出してからで、

それまでは、「単なる短い文」としか思っていなかった始末(苦笑)。

今でも、楽譜すら、実は、碌に、読めなくて「耳で全て捉えている」♪

それでも、録音したものを他人に聴かせると「楽譜よめるんだね?」とか云われるも「いや、全然なんですが‥‥」

と云う感じ(笑)。

 

実は、小学校に上がる前に、漢字を文字としてで無くて、なんと云うか、例えばバスの絵を描くと

右脳」で「写真眼的に」覚えた「形状」等を「再現」していると云う「ある種の写実」をやっていた様な

もので「東京急行」って云う文字をバスの車体に書いてあったのを、小学校1年の頃に「再現」して、描いたら、

小学校6年生の人達に「天才少年じゃ無いの?君?」とか云われた記憶はあるんですが、小学校のその後の6年間は、

ズッーと落第生街道まっしぐらでした(笑)。

 

そんな僕だったので「文字」には殆ど興味は無くて、無理やり読んだ書物は

「伝記3冊」程度と「まんが発明と発見のひみつ」と云う本位しか覚えていない。

今でも「小説」を読むのは苦手です(なんでかと云うと、最初から読まないと、ダメで、途中から読めないから、笑)。

 

だから「文字」を書く筈が、どー考えてもあり得ないんですよね!

そもそも、僕は、全然、喋らない子供で「おし(耳が聞こえず、喋れない事を指す、昔の差別用語)じゃないかしら?

この子は? 」と周りの大人達に云われる程、「うん」とも「すん」とも、全然、喋りませんでしたですし。

(今は、凄く、お喋りになりましたが、笑)。

 

故に「宇宙情報」をダウン・ロードしたものを記録したとしか、思えない。

 

2011年頃に「宇宙語講座」を受けて、喋ったり「宇宙語の翻訳」を頼まれたりして、

翻訳しに行っていた時期もありましたが、

もう、全然、やっていないんで、回路が錆び付いて、今は全然、喋ら無いですし、当時、喋っていたのも、夜中に、友人と、と或る場所に泊まっていて、寝ている時に「宇宙語みたいなものを喋っていて、煩くて、眠れなかったよ!」と云う感じで「意識的に喋る」と云う事も、殆ど、やっていませんでしたし。

 

まあ、だから、信頼できる「高次元存在」と繋がれる人に、いずれ、観てもらおうと、思っている位です。

(僕は、所謂「リーディング」や「チャネリング」「異言」を喋ると云う人々に関しては、ものすごく、煩くて、

アクセスしている先が高次元存在じゃ無い人(大抵は「幽界」です)は、ハッキリ言って、避けている位ですから)。

 

今まで、僕が、認めている自称チャネラー」と云うのは、5人も居ないですから。

その殆どが、外国人ですし、日本人では、信用できる人は、殆ど、いませんですから(きっぱり)!!!

 

僕自身もチャネリング」はしませんし「リーディング」も基本的には、やりません。

簡単に「その方の気配を読むとか、ヴァイブレーションを観る」程度に留めています。

 

そんな、僕も「チャネリングが始まりそうになった事」が、実は、2012年頃にありました

その時に、所謂、今流行りの「一暼体験(いちべつたいけん)」と云うものは、数時間ですが、体感しました。

つまり「ワンネス体験」「悟り体験」「非二元性体験」「ノン・デュアリティー体験」と云うものですかね(?)。

だけれども、審神者(さにわ)も居ないし、客観性が持てないですし、危ないので、敢えて、止めています。

 

所謂「チャネリング講座」と云うものも、沢山ありますが、敢えて避けています!!!

 

だからこそ、ちゃんとした「高次元存在と確り繋がれて、表現力の確りある(ここ重要で、非常に気を付けたいポイントです)方」に、いずれ「僕の赤ちゃん時代の宇宙文字」は、見て貰う事にします!!!

 

 

THE BEATLES来日50周年記念と、ジョン・レノンとの内的邂逅

 

1966年は50週年記念が沢山ありまして、4月14日の自分の50歳の誕生日の頃に、THE BEACH BOYSの名盤

Pet Sounds」の50周年記念LIVEツアーで、丁度、ブライアン・ウィルソン:BRIAN WILSON

も来日していましたが、皆さんにもっと、馴染みがあって、その後の日本の音楽にも、否、世界的なムーブメントに大きな影響を与えた、ザ・ビートルズ:THE BEATLESが日本へ発来日したのも、1966年の629日でした。

実際、コンサートは、6月30日、7月1日、7月2日の3日間、行われた。

 

この年一杯くらいで、ザ・ビートルズ:THE BEATLESは、コンサート活動を中止し、以後、スタジオ・レコーディング活動のみが中心となっていく。更に「超越瞑想:TM瞑想」の創始者「マハリシ・マーハ・ヨギ」の居るインドへ行ったりして、翌年の1967からは「サイケデリック・ムーブメント」が世界的に起こり、ある種、1966年は、大きな変わり目の年ともなった。

 

実際、日本公演は、アルバム「ラバー・ソウル:Rubber Soul」と「リボルバー:Revolver」の丁度、中間の時期で、サイケデリックの香りが、ファッションや音楽に、既にほんのりと出ている。

 

1966年には、ジョン・レノンは、オノ・ヨーコと11月に出会っているし、実は「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー:Strawberry Fields Forever」と云うサイケデリックな曲はジョン・レノンが1966年に既に、書き上げていて、アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド:Sgt.Pepper's Lonly Hearts Club Band」に先駆けて、1967年にシングル・カットされている。

 

更に、アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド:Sgt.Pepper's Lonly Hearts Club Band」は1966年のビーチ・ホーイズ:The Beach Boysの名盤である「ペット・サウンズ:Pet Sounds」と云うアルバムの影響を受けてもいる。

 

1966年は、ビート・ジェネレーション作家(ジョン・ケルアック、アレン・ギンズバーグ、ウィリアム・バロウズ等)の影響から産まれた反戦フォーク・ミュージックや、POP ART:ポップ・アートの画家のアンディー・ウォーホルのアァクトリーと言われる所から、産まれたバンドであるヴェルヴット・アンダーグラウンド:Velvet Underground等の、影響なども濃厚であり、ドラッグ・カルチャーから流れる「サイケデリック文化」の最初の年と言えなくも無い。

 

今では、ロックやポップスのコンサートを演奏するのは、武道館では当たり前ですが、それを最初に、やったのは、

他ならぬ「ザ・ビートルズ:THE BEATLES」であって、当時は「武道の殿堂で海外のロック・ミュージックなんて不良な音楽(当時は不良の音楽だと、当時の大人は、大真面目に捉えていた)の生演奏会をやるとは、言語道断!!」と

喧々諤々だった様です

 

まぁ、あれから、半世紀経って、今や、ロック・ミュージックも普通の存在となり、そこ彼処に溢れていますよね。

 

僕は、ジョン・レノンとは、どうも、違和感が無いと云うか、生きていたら一番会いたい人物の1人でもあります

1980年の中学2年生の暮れも押し迫った12月初冬に、ジョン・レノンは凶弾に倒れ還らぬ存在となりました。

当時オノ・ヨーコさんと2二で、新たな音楽活動を再開し始めて「ダブル・ファンタジー:Double Fantasy」と云うLPを出してヒットしていた半年後に亡くなりました。

 

僕は、2000年に、ジョン・レノン・ミュージアムが出来たばかりで、ちょっと経って、空いてきたある日、

埼玉のスーパー・アリーナに在った、ジョン・レノン・ミュージアムへ1回だけ行きました。

ミュージアムへ入ると、先ずは「ジョンとヨーコ」のショート映画みたいなものを観る場所から入って、

ジョン・レノンザ・ビートルズ:THE BEATLES時代のギター(リッケン・パッカー325、エピフォン・カジノ、等)の本物が置いてあり「ほう、ふむふむ」などと、繁々と観て、段々とオノ・ヨーコさんの前衛芸術のコーナーへと

グラデーションしていって、最後に、ミュージアムを出る所に「ジョン・レノンの言葉」が英語と日本語で、幾つか、ガラス張りの出口に書いてあったんですが、僕は其処で「思わず、涙腺が緩んで来た」のを記憶しています。

確か「僕は、僕のやり方で、やって来たけれども、君は、君のやり方で、世界を変えていこう!」みたいな内容の

言葉でした。

 

元来、僕は、失恋とか、受験失敗とか、そんなちょっとした事では泣かない人間なんですが、感動したから無くと云うのとも、全然、ニュアンスが違うんですよ。帰宅して、なんとなく、ミュージアムのカタログを眺めてシャワーを浴びていたら、

ダーっと!

涙が意味も無く流れてきて、グジャグジャに泣いていて「はて? 何故、僕は、泣いているんでろうか?」と思いつつも、涙が止まらない事がありました。

 

一体、全体、あの現象はなんだったんだろうか??」と思っていました。

 

その後も、岡本太郎さんや、カール・グスタフ・ユング博士、でも、似た様な現象が起きましたが、

その後、冷静に色々と考えてみたんですが、それは、

僕が地球意識」と「宇宙意識」に触れた瞬間でした。

 

その媒介トリガー役として、ジョン・レノンが最初のきっかけになった訳です。

 

それまでは「ジョン・レノンは、まぁ、ザ・ビートルズ:THE BEATLESのリーダーで、メンバーで、好い曲を作るアーティスト」くらいにしか思っていなかったんですが、それ以来、ジョン・レノンは、

僕にとって、親しみのある存在となりました。

 

所謂「陰謀説」では、ジョン・レノンは、闇の組織に暗殺されたと云う「定説」もあり、

まぁ、そう考えた方が、どう考えても、しっくりくるところも無きにしもあらずと言った感じである。

まぁ「世界は狂人に支配:コントロールされている」と云っていましたからね。

ビートルズの最後の方のアルバムの「Come Together」の歌詞で、彼は、ビートルズ時代のショウ・ビジネスと決別しているのがよく歌詞から解りますしね。オノ・ヨーコさんの存在がジョン・レノンをそれに気づかせるきっかけになったとは、思いますよね。

 

オノ・ヨーコさんが80歳を超えた今でも、活発に平和運動をされているのも、

ジョン・レノンと一緒にやって来た「意思を持って続けられているからだと云うのは、よく解るんですよね。

 

ジョン・レノンって、神格化されやすい存在だと思うんですが、僕は、あんまりシリアスに神格化したくは無いですし、茶化しざけているシーンなんかは、無邪気で

非常に好いユーモア・センスの持ち主だなと、今でも、感じますね(微笑)。

 

おまけですが、僕が、何故辻堂」と云う場所に、今、住んでいるのかと云うのが、

近所の友人の指摘で解ったんですよ(まぁ「軽井沢」にも、小学校の頃は、別荘があって、よく行っていたので、

すれ違っていたかもですが、その頃は、あんまり、ビートルズもジョン・レノンも知らなかったですから)

オノ・ヨーコさんのご実家が、かつて「辻堂」にあったんです(今は無いですけれど、僕の家から、歩いて行ける距離です)。生前は、よく「辻堂」近辺をジョン・レノンがフラフラと、ラフな格好で、散歩していたらしいと、聞きますから。

何かと、親しみを感じますです

 

 

最後までお読みになって頂きありがとうございます。

 

 

感謝!

★John Lennon - Imagine HD

★The Beatles - Live In Japan 1966 1_4

僕の産まれた時の東京の雰囲気も観れますね。

★(Snippets) The Beatles - Live At The Nippon Budokan Hall - June 30th, 1966

★Strawberry Fields Forever - Restored HD Video

僕の、カラオケの18番でもあります(笑)

★John Lennon - Starting Over

1980年「Double Fantasy」からのシングル・カット!!

★ジョン・レノンのインタビュー―世界は狂人によって支配されている

★The Comedy of John Lennon

ジョンの茶化しや、おふざけは、無邪気で、ユーモア・センスがあって好きだな〜

BLOGメニューへ戻る
BLOGメニューへ戻る

©2010-2016 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON