東京サブカルチャー奇行(80年代からひとっ飛び!)

 

11も半ばとなり、大分、冬らしくなって来て寒いですね。

昼間は「太陽さん」が部屋の中に大分、入って来て日光浴なんぞをしとります。

今日は、もの凄い、情報量に、又、なっちゃったよ(35年分の私の人生が入っているし、流れだから、仕方が無いのよ、笑)

まぁ、ゆっくり、じっくりと、読んで楽しんで下さいね。

===============

いつも直感で動いてるとシンクロニシティーを感じる事が出来る!

【矢沢永吉の食わず嫌い対決】

11/7日(水)

何となく、夕食の時間になったので、仕事を終わらせ、階下へ行くと、

TVが付いている。

「とんねるずの食わず嫌い対決」をやっている。

然し、矢沢永吉である。

矢沢永吉がTVに出るのは珍しいと思いつつ、秋刀魚をつつきながら観る。

 

初めて知ったんだけれど、上京する理由がユニーク

「東京まで行くつもりが、列車の座席が固くて尻が痛くて降りたのが、横浜だった」

大物は、やる事、言う事が違うね。

 

いや、やはり、おもしろい! 矢沢永吉のあの喋り。立ち居振る舞い。イチイチ、面白い!

「存在感」がある。「存在感」が違う!

現代のCMの90%以上がが、かすんでしまう。

その後の番組の役者や芸能人もかすんでしまう。

 

それで、2階へ上がり、あの「E.YAZAWAのロゴ」を描いてみる。

「描けた!」中学校以来である。

授業なんて、くそツマラナイものなんぞ聞かないで、教科書にラクガキした賜物だろう(笑)

 

【立花ハジメさんのLIVEへ行く!】

翌日の11/8日(金)は、何故か、朝早く、目が覚めてしまい、眠気眼で、直感的に、

FBの立花ハジメさんに、

今日、当日のLIVEがあるか、おもむろにメッセージを入れる。

 

そのLIVEに出演する多摩美時代の友人の山川冬樹くんにも、メーセージをいれておく。

アルバイト時代に一緒だった小山田君も出演との事で、直感的に行く事にする。

(そんなのばっかりだ、笑)

 

メッセージの返信は「取りあえず、立ち見にになるかもしれませんが、来てみて下さい」とのこと。

 

この夏の酷暑で、7月以来、切って無かった髪を切りに4ケ月振りに美容院を訪れる。

美容院の隣は、いきなり、金魚屋が開店していた(以前は、スナックだった記憶)。

それで、お店に入り、色々と、油を売って、金魚の買い方や特性並びに、金魚の歴史迄、教えて貰う(どんな、客だ)。

 

帰りに、スーパーで無く、農家のおばあちゃんが手作りで、路地売りしている「八百屋」で

「ハヤトウリ」なるものを発見。色々と、話す。

何人かの主婦を観察していると、どうやら、ここの野菜は、安くて、美味しいらしい。

「ハヤトウリ」と「カボチャ」を買う。200円也! (スーパーには、真似は出来まい!)

 

それで、一回帰宅。

夜のライブ迄、時間が在るが、部屋の片付けをしたり、ライブ会場を調べたりする。

原宿VACANT
原宿VACANT

大船へ向かう為、バスに乗るが、財布を忘れた事に気づき(汗)、次のバス停で降りて、

家迄、財布を取りに歩いて戻り、

又、次のバスで大船駅へ。

やっとこさ、渋谷へ向かう(汗)。

 

渋谷へ到着したところが、どうやら調べ間違えたらしく、渋谷区の國學院の裏の会場へと向かうも、真っ暗な地下1階への階段を降りて行く「う~ん、秘密ライブかなぁ~!?」(笑)と呼び鈴を押すと、鉄扉が開き、そこの人に訊くと「あぁ、一週間前にそのLIVEは終わっていますね」と云われ、

色々と、調べてもらうと、どうやら、今日の会場は、表参道と云うか裏原宿!

それで、住所と、会場名を紙に書いてもらう始末!

 

「ありゃ、しまった、うっかり過ぎる(笑)、まぁ、ここからTAXIなら1mで行くだろう!」と、

TAXIを捕まえて、原宿へ向かう。

原宿なんて来たのは、もの凄い久し振りで、数年振り。

然も、裏原宿(隠田商店街)なんて、10年振りくらい(お上りさんの様だ、笑)

 

それで、数件のブティックや本屋さんや時計屋さん、コンビになどの店員さんに聞けども、さっぱり場所が解らないと云う。

中々、会場が見つからない(皆、本当に、原宿、知ってんのかぁ~???)と、心の中で、思いっきり、突っ込みを入れつつ、やっと会場に到着(な~んだ、元DEPTがあったところじゃんか、笑)。

 

やっとの事で、到着!!お金を払って、ドリンク券を貰い、取りあえずビール片手に観る。

ライブは既に始まっていて、1/3は、終わっている模様。

キャパシティーは、約200ってところでしょうか。

丁度、何の曲か解らないが、山川冬樹君のホーメイと、小山田圭吾くんのギターをフューチャーリングした曲をやっていた。

山川冬樹君のホーメイは、久し振りに聴く。何か、低音の倍音が太くなっていて、なんか凄い!

小山田くんのギターは、YMO関連のコンサートで、ちょくちょく聴いていたが、こんな近くで、

聴くのは、久し振り!

 

それで、次に、お目当ての「H」と云うアルバムの「H」と云うタイトル曲の演奏が始まった。

僕の腰も、自ずと、動き出す(笑)

立花ハジメさんの「H」のレコードを勝ったのは1982年の高校1年で、当時、よく聴いていた。

YMOの細野さんと幸宏さんが創った当時のインディーレーベルの「YEN」の初期のアルバム。

鈴木さえこのドラムと細野さんのベースのグルーブがたまらなかった記憶。

坂本龍一、あと誰だったか、とにかく、豪華メンバーだった記憶。

 

ここで、

小山田くんは、一旦抜けて、僕の隣を通ってどっかに消えて行く。

バッファロー・ドーター、と高木 完のEMSのシンセをバックに、立花ハジメさんの新曲なんぞを数曲やる。

中々、好い!

 

最後は、何か、オーディエンスとのコーラスも入っての曲!

 

アンコールは、もの凄い、ギリギリの時間で「バンビ」を演奏!

オーディエンスのノリがイマイチなのを、感じてか「はい、皆、もっと、寄って寄って!」と

立花さん自ら、ノリを作る(YMO関係のお客のノリの悪さには、定評があると感じるのは、僕だけだろうか!?)。

 

もう、もの凄い近くで演奏している。

僕の目の前は、バッファロードーターのギターのシュガー吉永がもの凄い至近距離!(僕の目の前!)

その隣は、小山田くん! 反対隣は山川くん!

 

ステージ(ひな壇)さえ無いので、何だか、向き合っている感じ!

僕は、ガンガンに踊っていました(笑)

LIVEが終わったら、座談会やサイン会と云う感じと、云う情報でしたが、

何だか、だべったり、サイン会になってましたね。

 

山川冬樹くんに「久し振り!」と声をかけて、しばし歓談!

(山川くんとは、多摩美で同窓生です)

多分、2001~2002頃に会って以来だから、まあ、10年振りくらいでしょうか。

「千葉さん、学生の頃より、若くなってない?」と云われる。

「そう?」と僕。

まぁ、自己リコネクティブ・ヒーリングでDNAをしょっちゅう書き換えているからね、微笑

 

更に、小山田くんに「久し振り!」と声をかける。

最初は「誰!?」と云う顔をしていたが、思い出した様子で、

「やあやあ、久し振りだね!」となり、山川くんと小山田くんを互いに紹介する。

(小山田くんとは、大昔、アルバイトで一緒でした)

 

そんで、僕は

「写真撮ろう、写真! 友達だから、記念に!」と2人に云い、と或るファンの方に撮って頂く。

「小山田くんに、じゃあ、千葉くんは、真ん中で!」と云われ、パシャりと、記念撮影!

そのファンの方は「カメラトーク」にサインして貰っていました。

 

「僕も何か、持ってくりゃあ~、よかったなぁ~」とブツブツ云いつつも、

「あっ! じゃあ~、手帳に寄せ書き!お願いね」と、リュックから、おもむろに手帳を取り出し、

小山田くんに渡すと、

僕の4色ボールペンで「ちばくんへ」とサインして頂く!

山川くんにも、4色ボールペンで「千葉サン」とサインして頂く!

 

立花ハジメさんは、流石に、サインの列が込んでいたので、

山川くんとホーメーの話や、彼の馬頭琴(!?)的なる楽器の話や、多摩美時代の別の友人と、

色々と、談笑する。

 

やっと、立花ハジメさんのサインが終わったのを見計らって、

「ライブよかったですよ! すいませんが、寄せ書きお願いします」と頼むと、

サラサラっと、マジックで、サインして下さいました。

それで、「信用ベータ」や「DEPT展」や「幸宏さんのステージでかつて踊っていた事」なんぞを

ちょいと、会話する。

 

それで、色々と、皆さんの機材のチェックをして、外へ降りて行くと、小山田くんがベンチに座っていたので、2人で、大昔の話なんぞをする。

 

それで、小山田くん山川くんの2人に挨拶して、会場を後にする。

 

お腹が好いたので、明治通りを、

渋谷迄、歩き、1人で、どっかのダイニング・バーで、サンドウイッチとビールで、夕食を取る。

 

ヒカリエから、東横線に乗り横浜経由で、港南台迄、帰宅する。

 

★立花ハジメ「monaco」発売記念トーク&ライブイベントが、東京、京都にて開催決定

http://www.excite.co.jp/News/music/20131101/Musicman_artist30351.html

 

【80年代の逆襲~宮沢章夫の戦後ニッポンカルチャー論】

まるで「STUDIO VOICE」の図の様だ(笑
まるで「STUDIO VOICE」の図の様だ(笑

翌日、11/9日(土)PCを弄っていると、mixiでの旧いマイミクさんの呟きで、

「これから、細野さんが重大な発表をするみたいです」と、ちょっと大袈裟な書き込み(笑)を見つけると、

NHKのEテレで、0:00~でやると云うことと知る。

 

「あぁ、もうすぐじゃん! 後、30分で始まる」と思って、TVを付ける。

時間通りに始まる。

 

「あれっ、昨日の会場じゃん!」とシンクロニシティーを感じる。

 

まぁ、内容的には、自分の青春時代的な内容なので「お浚い」と云った感じですが、

今の若い人達には、知らない情報だらけなのと、2020年オリムピックや、AKB48等、あまちゃん、等「マス・カルチャー全盛」の現代に、

1980年代は、「サブ・カルチャー」が「マス・カルチャー」と、

「交錯」していた、へんてこりんな時代で、異例の時代と云う事が、僕の体験としても、番組の内容としても云えるとは思います。

僕は「秋葉系オタク・カルチャー」では無いんですが、友人に沢山居たので、情報としては、知っています(笑)

 

一般的には、1990年代のある時迄は、「サブ・カルチャー」は「エヴァンゲリオン」等によって「秋葉系オタク・カルチャー」として、殆どが、収斂された訳でしたが、他の「テクノポップ」や「ヤンキーカルチャー」も包含していた訳である。然し、「テクノポップ」や「ヤンキーカルチャー」は、1980年代的なものから、1990年代的なものへは、すんなりとは移行していない、と云う感がある。

「テクノポップ」は1980年前後の「ニュー・ウェーブ」と呼ばれる世界的な音楽的なムーブメントと連動していて、日本に於いてはファッションやアート、マンガ、アカデミズム、ゲーム等、文化面に於いて、非常に、重要な位置を占めていたのも、事実であり、その中心には、絶えずYMO的なるものが存在していた。

 

この「ニュー・ウェーブ」的なるものは、90年代初頭には、

小山田圭吾の居たフリッパーズ・ギター等の台頭により、1980年代中頃から台頭して来る「ブルー・ハーツ」や「BOOWIE」「尾崎 豊」等を中心とした「バンド・ブーム」なるもの達を一掃し「渋谷系音楽」なるものとして、別な形に消化・昇華し「テクノポップ」的なるものから続くものの、ブリッジ役を果たしていたと、僕は当時、目撃している。恐らく、ミスチル(初期のミスチルの桜井君は、フリッパーズ・ギターのファンだった記憶)等の「J-POP」と呼ばれる音楽等も、このプロセスが無ければ、違うパラレル・ワールドに行っていたと、思われるのは、非常に感慨深い。

又、立花ハジメさんは1990年代には「ADC最高賞」を取り、初の「立花ハジメ個展」「信用ベータ」(デザインのプロ向けのソフト・ウェアーで、今でも使わ無いデザイナーは居ないと云う、Adobe Illustratorの為のプラグインソフト)を開発し「アプリケーション・ツアー」「立花ハジメとDEPT展」「THE レコード・ハンター」等で、やはり、ブリッジ役を果たしていたと感じています。

(因に、僕は、全部、目撃しています!!!)

 

【キーワード】サンディー、スーザン、シーナ&ロケット等のYMOファミリー、プラスチックス・ヒカシュー・Pモデル等のテクノ御三家、糸井重里さんの広告等やセゾン・グルーブの文化事業メセナ、高木 完とタイニー・パンクスや藤原ヒロシ等による裏原宿文化、シティーボーイズ・竹中直人・いとうせいこう・スネークマンショー・ラジカルガジビリンバシステム・スーパーエキセントリックシアター等の80年代的お笑い文化、ピテカントロプスエレクトス・インクスティック芝浦ファクトリー・ツバキハウス・ナイロン100%・レッド・シューズ・キング&クイーン等のクラブ文化の元型、宝島・ビックリハウス・スタジオヴォイス・ガロ・スーパーアート「GOCOO(悟空)」・夜想、等の雑誌文化、アーティスト達の梁山泊であった「原宿セントラルアパート」、代官山アパートや原宿同潤会アパート等の今の代官山とは違う雑貨店文化、

等が、

90年代以降の様に、メジャーシーンと乖離しているのでは無く、「サブ・カルチャー」として、等価に共存していた珍しい時代だったと言えよう。故に、非常にバラエティーに富んでいて、色んなものが混在しており、系統を分けたら、上の図では済まされないくらいの芳醇さを持っていた。(現代の日本の全体主義的な傾向とは、ある意味正反対であり、こういう面白さは、現代の日本には、あまり、感じられないところが寂しい)

 

【BE THE VOICE ライブ@藤沢サウンドマーケット】

BE THE VOICEの和田純子、鈴木俊治と、
BE THE VOICEの和田純子、鈴木俊治と、

その翌々日の翌日の11/10日(日)には、何も決めていなかったのだが、夕方近くに、

「おーし、俊治と純ちゃんのLIVEに行くかぁ~」と、

これ又、直感的行動に出る。

 

7月の夏の「海ライブ」以来である。

 

まぁ、バスと電車で40分位で、藤沢に到着!

鈴木俊治くんに「今、着いたよ」と電話を入れる。

 

「う~む、こんな所に、ライブ・ハウスがあったのかぁ、かつて1985年に通っていたYMCA予備校の真裏じゃん」と思いつつ、会場に到着。

 

小さいお店だけれど、アット・ホームなとても、いいLIVEでした。

(最近は、小さいハコの方が距離感が好久手、好きです!)

 

第2部では、和田純子は忌野清志郎さんのタイマーズ時代の「ラブ・ミー・テンダー」なんかのカヴァーも、歌い、

現代の日本社会を風刺する部分も出て来ており、社会派な感じのライブで、盛り上がりました。

 

彼らは、九州に引っ越して3年くらい経つのでしょうか、たまに訪れる、東京(彼らは、東京人です)に対する観え方も、昨今の世の中の変化に敏感になっている様子で、感慨深いものが在りました。

 

【まとめに】

矢沢永吉さん~立花ハジメさんや小山田圭吾くんや山川冬樹くん~BE THE VOICEと云う流れの中には、実は、YMOと云う存在が、あったのを、この文章を書いていて、まとめとして、やはり、書かねばならないと感じました。

 

●矢沢永吉→1970年代中頃~後半にかけて、高橋幸宏さん、坂本龍一さん、がバックアレンジ・演奏していたりします。

●立花ハジメさん→デザインの師匠の奥村靫正 氏はYMOのアート・ディレクションを手がけている。高橋幸宏さんのアルバムやステージには、割と初期から、参加しています。

矢野顕子さんのステージでの演奏やステージ・デザインもやられています。

●小山田圭吾くん→YMOのバックや彼らのユニットの多くで、ギターで参加しています。

●山川冬樹くん→YMOでは無いけれど、「テクノ御三家」の匕カシューの巻上公一さんと、ホーメイ演奏で、色々と、やっています。匕カシューの元メンバーで作られた「イノヤマランド」は細野さんのプロデュースでしたしね。

●BE THE VOICE→高橋幸宏さんのコンシピオ・レーベルより高橋幸宏のグラウンド・プロデュースでデビューし、高橋幸宏さんのライやレコーディングにも参加しています。

 

いゃ~、一週間足らずで、えらく濃い、繋がりと云うか、流れが、出来ましたな(笑)

以下、僕の、生意気な、十代~二十代グラフティーをどうぞ!!!

★矢沢永吉「時間よ止まれ」

1978年(小学校6年生)の資生堂のCMタイフップ曲。アレンジが好いんで、気になって調べたら、アレンジとバッキング演奏はYMOで売れる前の坂本龍一&高橋幸宏。

僕のカラオケの18番でもある(笑)。

★Plastics Top Secret Man (Promotion Video)

うーん、中学生1年~3年の頃にヘヴイー・ローテーション

で聴いてたなぁ!YMOと並んで、ワールド・ツアーやったんだよね。東京が未だカッコイイー時代だったね!

TALKING HEADSやB'52とステージやったりして、NEW WAVEって感じでしたね。

★立花ハジメ Tachibana Hajime - H (Theme From Club Foot)

う~ん、久し振りに聞いたなぁ。高橋幸宏プロデュースの1枚目。ジャケットのタイポグラフィーの原画も四谷へ観に行ったね。

★立花 ハジメ / Bambi:Bambi

これも、久し振りに聴いたなぁ。新鮮!!!(1991年、テイ・トウワとの共同プロデュース作品)

★THE RECORD HUNTER 2-5

う~ん、何気に持ってるなぁ~(笑)これ爆笑したなぁ。立花ハジメ、竹中直人、安斎 肇、桐島かれん、等、出演の映像作品。面白いよ! 加藤賢崇くんは、渋谷CSVの2Fの楽器コーナーでEXPOの山口 優と、当時東京タワーズとして、デモテープを聴き合う会に、司会でよく来ていたな(1987頃の旧い話だけれど、笑)

★高橋幸宏 - 09 ARE YOU RECEIVING ME? [YT Live 1983 渋谷公会堂]

これは、「スーパー・ニッカ」のCM曲。1983年だったかな。立花ハジメもSax吹いて、踊っています。

こうやって、マスとサブが交錯していたのよ!(ちゃんと、DVDで持ってますよ!)

★Woody Allen for Seibu

西武やセゾンのCMでも、矢野顕子さん(YMOの人達がバック演奏)

★坂本龍一 パーキージーン

これは、坂本龍一さんと、スーザン(高橋幸宏:プロデュース&立花ハジメ:ジャケットデザイン)のCM曲。83年頃かなぁ~。僕、これ大好きなんですよ。何か、好い次時代だ。

こうやって、マスとサブが交錯していたのよ!

★Cornelius - Point of View Point

もう、10年以上前なんだけれど、古臭く無いね。Fantazmaの次から、

Cornerius(小山田圭吾)は、又、一歩、変わったね。カッコイイ!

★SONY _WALKMAN_ CM『伊東篤宏×山川冬樹』篇

山川冬樹くん、アバンギャルドな所は、昔から変わっていないね。

カッコイイ!

★高橋幸宏 60th Anniversary Live 「世界中が I Love You」

2012年12月21日の還暦LIVE。1曲目のオープニング、BE THE VOICEの和田純子が高橋幸宏さんとデュエットしてます。小山田くんもギターで参加してます。

★リプトンのcm高橋幸宏

珍しいの見つけた! 1998年ころかな。BE THE VOICE(和田純子+鈴木俊治)高橋幸宏さんとのCM共演!

★立花ハジメ(公式サイト)

http://trafic.jp/ja/index.html

★Cornerius(公式サイト)

http://www.cornelius-sound.com/index.html

★山川冬樹(公式サイト)

http://fuyuki.org

★BE THE VOICE(公式サイト)

http://bethevoice.com

 

【更に続く】

色々と、片付けしていたら、出て来る出て来る、懐かしいお宝が(笑)

主に、立花ハジメさんの90年代の個展とか、「DEPT展」「信用ベータ」関係ですね。

矢野顕子さんのグラノーラ・ツアーのパンフ(デザインby立花ハジメ)、サウンドールの別冊「Syhthe Club」(1983)、

★新・美に生きる 立花ハジメ

本質的な、好い事言ってます! 「ポップ・アップ」=インスピレーションの事ですね。

(最後迄、お読みになって下さり、ありがとうございます)

 

感謝!

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sextel (火曜日, 31 10月 2017 21:52)

    branżowcze

  • #2

    wróżka (土曜日, 18 11月 2017 01:20)

    Wylezinek

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション」「リコネクティブ・ヒーリング」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です ! 

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON