バイロケーション体験

バイロケーション:Bilocationとは、

遠隔透視(リモート・ヴューイング)をやる際に「意識」が肉体を離れ、

透視対象(ターゲット・イベント)の傍に、あたかも、居るように感じられる

現象の事である。

故に、感情・反応が、如実に起こったりもする。

 

私も、エハン・デラヴィさんの「RV2」やその他の

リモート・ビューイングの数々の手法を、習得して来ました。

透視自体は出来ているんですが、

バイロケーションを、ありありと体感した事は、今ひとつでした

 

RV2のセミナーでも、

「ポンペイ火山爆発イベントで、むせたり、咳き込む方や、

「ジャンヌ・ダルクの火刑」イベントで、泣だが、あふれたりした方、

等の、話を聞いたり、実際に、目撃した事もあります。

==================================

しかし、この間の週末に、

これは、確実に、バイロケーションだ!!!と云う体験が起こりました。

 

と或る、知り合いの方の家のPARTYに呼ばれて行ったおりに、

食事を食べながら、赤ワインを、私は飲んでいました。

その時、ふいに、ワイン・グラスを、こぼしてしまったのだですが、

それが、バイロケーションだ!!!と感じたのでした。

 

それは、私が学生時代に居た頃のちょっと、ネガティブなイベント

の話しをしていた時に、バイロケーションが起こったのでした。

 

そのイベントとは、と或る「リンチ」であった。


かつて、リンチがあって、私は、その現場に居合せていたのだが、恐怖を感じ、とっさに、ベッドの下に隠れていた時に、リンチが、丁度、始まって、被害者の血が飛び散ったのを、撃したんですよと云う話をした、

瞬間に赤ワインの入ったグラスを

 ふいにこぼし床に、飛び散ちらせてしまったのだった。

それは、飛び散った血ワインと云う、

単なる、イメージ的な符号とは、思えない感覚であった。

 

速度が速いと云うか、瞬間的だったのである!!!

 

それは、既視感デジャブ)や、ドッペルゲンガー現象

とも違い、

時空を超えて、

この、過去と、その時の2つの出来事が瞬間的にパラレル・ワールドに

 量子的に結びついた

と云う感覚だった。

 

なので、その瞬間、

おぉ、こりゃ、次元アクセスして、バイロケーションしたかなぁ〜!!!

と、その場で、思わず、云ってしまいました(笑)

 

しかも、その時に、集まっていた方々は、私の居た学校の、

代の違う人達でもありました。

よって、集合無意識形態形成場による「引き寄せ」も、

多分に、働いていたと思われます。

 

まぁ、このところ、

リモート・ビューイングに限らず、色んな、ワークをやったり、受けたりも

していたので、シンクロニシティーが強烈に増えているのは確かである

とも、感じた週末でした(微笑)

★驚異の直観力!RV2(リモート・ヴューイング)(エハン・デラヴィ).vob

私も、このVTRの撮影場所に、その時、居ましたね(笑)

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON