久し振りの日記

えーっと、大変にお久しぶりですね。

4月以来、延々ブログを更新していなかったですね(大汗)。

 

しかも、なんか、いきなり、猛暑になってしまいましたね(大汗)

まぁ、ずっうーと、コンピュータが故障してまして、やっとこさ修理から戻ってきました。

 

その間、休業していた訳では無く、セッションやカウンセリングも

やっていました。

 

まぁ、その間の事でも書きますね。

================================================

【Mac Book 黒の帰還】

私の使っているノート・パソコンはApple ComputerMac Bookの黒いのです。

まづ、いきなり、画面が真っ黒けにりまして、な〜んにも映らないので、

と或るAppleの正規の修理屋に出したところ、液晶画面全体を取り替えないと

あかんとの事。

そこで治せばよかったんですが、結構お値段が、高く、結局、検査代に¥7,000かかり、最近になって、やっとこさ、Apple Storeへ修理を依頼し、戻ってきました。

 

2007年後期のモデルなので、4年強使っています。

なので、アプリケーションやデータの引き継ぎの必要から、修理しました。

(家には、旧MacOSの「iBook(G3エンジン)」と、故障している「Power Book G4」と云う使えないものばかりで、とても、ネットをやれる環境ではありません、苦笑)

 

まぁ、iPad」「iPhone」と2つのApple製品を持っていて、代わりに使っていましたが、何せ、AppleとAdobeの大人の関係(!?)が宜しく無い様子なので(苦笑)、

Flash Playerが使えないせいか、自分のホーム・ページさえ弄れない状態

(たま〜に、某ヤ◎ダ電機の店内より、ちょこちょこ修正する始末、汗)。

 

でもねぇ、最近、SNSとかも、人数がやたら増えて、データが、

ちょいと重いし、

少し飽きちゃったかなぁ…。

情報過多なのも如何なものかなぁ〜!?」

とも、思っていたので、余計な情報が入らなくて、良かったですが(笑)。

 

修理から戻って来た、Mac Book黒は、ピカっピカでした!

Apple Storeさん、感謝!!!

 

何せ、私は、Windowsと云うものは、未だに使えないんです(汗)

何回かチャレンジしたのですが、どうにも相性が合わずに、あきらめました(笑)

あの煩雑さが性に全く合わんのです(まぁ、元々Macの物まねですから)!

 

元々、コンピュータと云うものを、私が使うとは、1980年代には、全く、予想にはしてい無かった。

なにせ、その頃は、コンピュータにいちいちコンピュータ言語(ベーシックとかコボルとかC言語とか、あ〜、頭が割れる様に、痛い!!)でコマンド(指令)を打ち込まないと、たった一本の線すら引けない、情けない「DOS-V(ドスブイ)」時代…。

こんなもの使いたく無いやぁ!と云うのが本音でした。

唯一Apple Computerだけが、今皆さんが使っている様に、マウスでドラッグしたり、クリックするだけで、色んな事を、直感的に、扱える時代。

しかし、お値段が、異常にお高くて、うん百万円もする時代。

 

しか〜し、1990年代の初頭、美術大学に居る間に、

デザインは恐らく将来は、コンピュータで、やるようになるだろうね!」、

World Wide Webwwwと云うのはこれの略称ですねってなんじゃらほい!?と、未だインター・ネット普及以前に情報論と云う、やたら難しい科目を取ったせいか、インター・ネットのイの字も誰も知らない頃より、人よりはいち早く、AppleのPower Macintoshの第1世代(7100/66AV)を買うハメになりました

(まぁ、周辺機器を入れると数十万にはなっていましたが、高かったなぁ〜)。

 

まぁそれでその後2000年頃より

 ITカクメイ(なんか、もはや旧いなぁ、苦笑)なる時代に突入した訳です

 

しかも、誰〜も、使い方なんて解らない時代なので、旧友のS.E.の奴に訊いてみたり、デザインのソフトウェアなんて、書籍と格闘しつつ、美大の課題やデザインの仕事をこなしながらの、全くの独学でした(今思うと、よく出来たなぁ〜!?)。

 昔のAppleのコンピュータは、今と違って、フリーズすると爆弾マーク!?」が出て来て、もう大変なのなんの(げんなり)。

2000年半場くらいまでは、旧Mac OSだったので、仕事でも、デザインと云うよりは、コンピュータの世話(!?)が半分と云う有り様(やれやれ、苦笑)。

 

もう、完全に「テクノストレス」でしたねー!!!(苦笑)

 

僕は本来シンセサイザー等の電子楽器でもコンピュータでも

道具(手段)としてしか捉えていない部分が多分にあるので

あまり細かい事やガジェットとしては

興味はそれほど無いんですよ(笑)

 

シンプルで、合理的で、使いやすいのが、一番、好いですね。

(最近のMacは、ちょっと、煩雑になってきている、思うのだが…)

 

それで、アロマテラピー療法気功治療なんかで、

右側全体の、わけの解らない不調不定愁訴)を

治していたりしたんです(微笑)。

 

================================================

【自分の内面との対話】

まあ、今年に入ってから、春先からは、色々と、

細かい「勉強会」「練習会」やらに行ったりしてましたが、

段々と御相伴的(ごしょうばんてき)」(苦笑)になってきていて、

ちょっと本来の自分の在り方とは違うかなぁ…と思っていまして、

4月の後半〜7月の間は、色んなお誘いをお断りしていました。

 

色々と外側に求めるのも如何なものかなぁ〜!?」と云う感じでした。

それで、自分の内面に訊いて、

知識ばっかり詰め込むのも如何なものだろうか!?」

あれこれつまみ食いし過ぎて、消化不良になってもねぇと、

感じた訳です。ハイ(笑)。

 

そういう風に、思いながら、瞑想なんぞをしつつ、

自分の内面と対話していると、

又、自分らしい在り方:存在の仕方に戻れましたね(笑)。

 

まぁ、所謂スピリチュアル・ジプシー化現象

に入りそうになったので、やめた訳です(苦笑)

お金と暇が有り余る程、あるのならば、いいのですが、その辺りのバランスを崩してまで、やる必要は無いかと思う訳です。

 

★「スピリチュアルな事をやる方々には4つのタイプがあると思いました。

1社会的に成功者と云われている人々のケース

このタイプは、3次元的に、それなりに努力すれば、或る程度は、結果を出せる。もしくは、出して来た人々。それでも、何か物足らないので、スピリチュアルな世界に何かを求めにゆくタイプ。

 

2藁をもつかむ人々のケース

このタイプが、大半だと思うのですが、

病気・人生の岐路・親しい人達との別離・臨死体験、等により、

「何かを掴みたい!」「苦しみから救われたい!」「自分を取り戻したい!」

「この世界の本質とはどうなっているのだろう??」

と云った人々で、その観点から、スピリチュアルな世界に何かを求めにゆくタイプ。

 

3超人願望型のケース

自分のサイキック能力や、超能力を伸ばし、超人(!?)に成りたいと思う人々の

タイプ。(まぁ、動機が不純でなければ、いいのですが…笑)

 

4ワクワク型のケース

とにかく、こういう世界が、好きで好きで

ワクワクして仕方が無いと思う人々のタイプ。

(これが、案外、一番、いいかもなぁ〜、微笑)

 

 

23のケースから、この世界に入った人々が、ややもすると、陥るのが、

スピリチュアル・ジプシー化現象」であろう。

色々とやる中で、自分の「気付き」を得て、外側に求めなくなれれば、

いいのであるが、そうならず、色んな、スピリチュアル・セミナーを渡り歩き、

結局、本来の自分の「在り方」に何も「気づかない」まま、ウロウロしてしまう  と云うケースを結構、見かけます(笑)

 

23のタイプの方はなので注意しましょう

 

 

★夏っぽい曲でも、どうぞ♬

Matt Bianco - Half a Minuite (1984)

►STEREO◄

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション」「リコネクティブ・ヒーリング」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です ! 

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON