素直:ストレートと云う事。

僕は、親や教師や、周りの人達に、かなり、誤解されて来たらしい。 

それで「捻てる」「素直じゃ無い」と、よく云われた(笑)。 

だが、殆ど、そういう気持ちは、自分の中には無かったし、今も無い。 
1980年代特有の捻りと云うのはある(そういう世代なのかね、笑)。 
だから「解り難い」とも云われるのだろう。 
実は、殆ど「計算する」と云う事をやらないし、好きでも無いし、

無自覚に生きてきた。 

親しい友人に小学校の頃はどんなだった?と訊くと、 
先生に好く思われたいと思っていた」「ライバルが居た

他人と競っていた」 誰かに受けようとしていた」「学級委員を目指していた等々。 と云われ、 
はぁ、そうなんかねぇ?」「僕は、全く、それは蚊帳の外だったかな~と云う 会話をした事があった。 
更に旧い友人にお前は捻っている様に観えて一回転してしまっているとも云われた。 

まぁ、無自覚だったボケていた」「外側の事はよく解らん」と云った 
感じだろうか(笑)。 

それは、その後も、あまり変っていない。 
いや、それはウソかな(笑)。 

普通にやろう!とか皆に合わせよう!とか、企んだ事もあったかな(笑)。 
しかーし、結局は、自分の身の丈に会わないのか、ダメなんだな、これが!! 
そういう「打算」「計算」が不得意なんですよ。 
自分にウソをついていると、苦しくなるしね。 
だから、やっぱり、そういうのはや~めた!!!」となった。 

20代は、まぁ、なりゆきの末に、美術や音楽を中心に生きていたのかな。 
30代は、デザインとかを、やっていてた。 
40になった頃に、何だか、よく解らなくなって、 
イギリスにでも、行くか!!!と後先も考えずに、半年位、行って 
暮らしていた。 
周りの人達は行くな!!」とか無茶をするな!!」とか好い歳をして何を血迷ったのか!?」等と、云われたが、結局、気が付いたら、グレート・ブリテン島に、上陸してしまっていた。 

帰国後もああでも無いこうでも無いと迷いつつ、 
瞑想ならぬ、迷走状態であった(笑)。 

しかーし、結局、過去の事は、あっさり、棄ててしまい、今に至る(笑) 
「懐古主義」に走るのも、こだわるのも嫌だし、飽きたしね。 

デザインの本当の意味は「計画」と云う意味なのだが、 
そういうのが、詰まらなくなったのは 
デザインをやっている時から感じていて、 
あぁー、もう、どーでもいいやぁ~となった途端に、デザインと云うより、 
逆の事をデザインと云う事の中で、やっていた。 
自分では、密かに逆デザイン行為と面白がっていた。 

これは、もうね「狙って」やっても、好い物なんか、出来ないんですわ。

それは、よ〜く解った。

その結果、案外、好い作品と云うか、仕事と云うか、遊びと云うか、 
まぁ、そういう、結果になったりした。 
もう10年前には、デザイン的な考えは大して意味が無いと云うか、つまらないと云うか、止めた訳と云うか、単に飽きたのだ(笑)。 

実は、計画的・綿密・緻密・神経質に、やるのは、放っておくと、得意なので、そういう方向に、ついつい、行きがちなのだが、それをやっていると、疲れるし、身体も壊すし、反対に、どっか、抜けていると云うか、ズボラなのか、単純なのか、その逆なのか、よくは解らないが、最終的には、 
結果オーライなら、まぁ、何でも、いいや!!と云うところもあって、 
何か、変な、バランスの取り方をして、結果オーライになって今に至っている。 

そういう意味では反面教師なのか、最初の計画通りに行く、と云う事、 
つまり予定調和とはツマラナイ!!!」と思っているのかもしれない。 

最近は、それが、より、加速していて、テキトウな部分が面白くなって来ている。 

それを、巷では、偶発性」「有性」「ファジー」「ハンドルの遊びとでも云うのだろう。

若い頃は、ガス抜き行為の排水口があんまり無かったので、苦しんだ事もあったが、今は、沢山の排水孔」をつけてあるので、ラクである(笑)。 

一見いい加減に観えるが、だいぶ、本質に近づいていると感じるから不思議だ。 

そういうのは、故、岡本太郎さんに出会ったあたりから、気づき始めた。 

特別、岡本太郎さんのファンと云う訳でも無かったのだが、 
成り行きで、装幀の仕事で、故、岡本敏子さんに会ってから、その本質が、実感出来た。 
敏子さんは皆が岡本太郎みたいになればいいのよ!!」と、よく口癖の様に云っていたが、それは、つまり自分自身に成ればいいのよ!!!」と云う事だと思う。 

他の誰でも無い自分に成る」「自分の筋がある」「自己実現する」 
まぁ、どれも、同じ意味だろう。 

それは、即ち「自分に素直になる!!!」と云う事だと思う。 

人の意見は、あくまで「参考程度」にしか成らないのだと思う。 

だって「自分の食事や睡眠は、人には替わって貰えない」からだ。 
これは、例えとしても、一番、解り易いし、的を得ていると思う!!! 

それは「宇宙の法則当然当たり前の事」の一番、基本だとも思う。 
即ち、自分に素直:ストレート」と云う事だろう。
 

だから「流行」や「常識」とかには、僕は、割と「疎い」んだな。 



以下の人達は、「素直:ストレート」の代表みたいなフィーリングがあるね。 

★Taro Okamoto Explosion 
この人は、自分に正直の「代表格」みたいな人だと思う。

★岡本敏子の言葉 
敏子さんは、このまんまの人だったなぁ。 

★矢沢永吉「永ちゃん俺たちはもう一度走れるだろうか」2/2 
この人も、変っていないけれど、やっぱり、自分に素直でストレートだね。 

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON