阿蘇パワースポットツアー

冬至に、クリスマスと、年末と、冷え込みが凄くて、今年は寒いですね~。 
私も、流石に、寒くて、起きるのがツライですね(暑いのより寒いのが得意ですが) 

19日~20日と、熊本県の阿蘇へ「パワースポットツアーへ行って来ました。 

実は、私は、所謂、今流行のパワースポット巡りと云うのをやった事がありませんでしたが、やっぱり、凄く色んな、不思議な事が起こりましたし、パワーを貰って来ましたぁ。 

【18日】 

前日より羽田のホテルに泊まる為(早朝のフライトだったので)、羽田へ行く途中、久し振りに、横浜へ寄り、書店を物色。 
友達のヒーラーの取材が載ったスピリチュアル雑誌と、来年の手帳(エンジェル・ダイアリー)を買う。 
その後、夕食を食べる為、と或る「立ち喰い寿司屋」へ行く。つまみながら、ちょいと一杯やっていると、隣りのサラリーマン風の男性と、何となく、話す流れになった。 
何をやられているのですか?と尋ねると、ターミナル・ケアのお仕事とおっしゃる。私も訊かれたのでヒーリングをやっていますと云い、ちょいと軽く、インスタントに、ヒーリングをやると感じる!!! これは、何ですか??と云われ、少し説明すると、話しが弾んだのか担々麺をおごりますから、食べませんか??と云われ、話をしながら、担々麺と餃子をごちそうになった(ありがとうございます)。 

その足で「穴森稲荷」まで行く電車の中で、と或る外人の方と、何か、英語で会話が弾む。何か、心がオープン・ハートになると、日頃喋っていない英語も喋れるのは不思議だ。 

ホテルに泊まり就寝。 

【19日】 

早朝の7時の集合時間に間に合う様に、ホテル⇄羽田空港のマイクロバスに乗る。 
8時頃に東京を離陸。10時頃に熊本空港に着陸。何だか、とても速い!!! 
3~4人のメンバーでレンタカーを取りに行く。 
私は、運転をする。最近の日本車は、よく出来ているが、シフトレバーが変な所に付いていたり、サイド・ブレーキが足元のブレーキの隣りにあったりと、外車と違い、戸惑う。なので、ワイパーを何回も動かしてしまう(外車とウインカーの位置が逆なのだ、苦笑)。 

まづは、案内をして下さった「現地の女性(日本の神様系の方)」を紹介され、全15人を車4台で、途中、コンビニ休憩をはさみつつ弊立神宮へ。 
私を入れて、3人(女性2人と)の車の中は、スピ話しや雑談で、ほんわかムード。しかも、全員O型なのか、とても、リラックスしました。 


弊立神宮(意外に地味です)へ着いて、「お祈り」すると、中へ案内される。 
何か、宮司さんがお話をして下さりました(珍しいんだそうです)。 
日本の天皇家は、気高く、素晴らしい、と云う話が中心でした。 
「弊立神宮」の本とお札を買う。 
宮司さんと皆さんで記念写真を撮る。 
日本に生まれて好かったなぁと、しみじみ、思いました。 

次は秋本神社と云う所へ向かう。途中、石ころがフロントガラスに当たり、小さな亀裂が入る。しかし、ちっとも、悪い感じはしなかったと皆で話していた。 
この神社は山奥にあってこんな所、連れて来られなければ、絶対来ないだろうなぁと云う、隠れた場所。現地の女性の方が「祝詞」を上げて「お祈り」しました。 
その社屋の裏にある洞穴みたいのを観に行く。 
何か、意味がある場所だそうだが、どんな意味だったか忘れてしまった(苦笑)。 

途中で、車が止まったので、何かと思うとUFOが居ます!!と現地の女性がおっしゃるので、皆で写真を撮ると、色々と、写っていたので、面白かったです。 

更に、暫く走ると、又、車が止まったので、降りると、夕陽が綺麗である。 
その逆側に「卑弥呼の本物のお墓があります。入れませんが」と説明され、 
皆さん、全員で、お祈りする。 
しかし、全く、知らない所が沢山出てくるものだ。 

もう陽が暮れる寸前に、現地の女性の方が自分で造られた、ストーン・サークルピラミッドのある場所へ到着。凄く好い波動の場所で、もう一度行きたくなる場所でした。 

その晩に泊まるホテルに到着し、4人の男性は同部屋。 
荷物を整理して、温泉へ。もう1人大分県から参加された男性のヒーラーの方に、 
本当のデトックスの仕方を習いました。彼の自由奔放で気さくでフレンドリーな性格が、とても面白かったです。 

ちょいと遅れて、夕食のレストランへ行くと、皆さんと乾~杯!!! 
刺身や辛し蓮根、等の前菜に、現地推薦の「和牛と芋焼酎」が美味しい!!! 

女性達の部屋へ行って、ヒーリングを3人にやる。見事に、見なさん、倒れていました(笑)。 

明日も早いので、就寝。しかし、と或る男性は「私いびきが凄いんで!!でも、5秒で眠れます!!」と云うので、部屋の何処で寝るかを決めるのに暫しかかる。結局、私は個室のベッドルームへ。コンビニで買ったおにぎりが余っていたので、ちょいとつまんで就寝。 

【20日】 
起きると「いびきが凄いんです!!」と云う男性が、何故か「殆ど寝れなかったんです」と云う。何故かと訊くと「私がトイレに入って、流した水が流れっ放しで、その音で眠れなかった」らしい。「それは、すいませんね(汗)」と謝るが、どうやらトイレの機能の問題らしかった。 
しかし、胃がもたれている。何故か、実は、あんまり、お腹が空かないのである。 
それでも、朝食を少しは取って、ロビーに集合。現地のイケメンの運転手役の方も加わる。 

今日は、肥後の國一之宮の阿蘇神社から。 
たぶん、今回で廻った神社では一番立派で大きい神社。 
それで、初めて御朱印帳と云うものを、生まれて初めて買う。 
友人の女性のを見せてもらうと、沢山の御朱印が書かれていました。 
「一之宮の神社」とはその地区で一番大きい神社の事と解る。 
神奈川県だと「相模の國一之宮の寒川神社」みたいのに当たる。 

その近くの国造神社と云う所へ行く。 
凄く、好い波動の神社であった。 
社務所も無く、誰も居ないが、神殿の中に、現地の女性の方に誘導されて、皆さんで、 お祈りをする。四礼八拍手の後、現地の女性が「祝詞」を上げるのに続き、メンバーの中のお医者さんの女性が日月神示日月祝詞:ひふみのりとを上げる。 
皆さんで、輪になって、手を繋いで、波動エネルギーを上げる。 
エネルギーが廻っているのを確りと感じる。 
ご神体の大木の写真を撮ると、皆さんのカメラに不思議なものがいっぱい写っていた。 

次は、何か阿蘇さんの麓の公園みたいな所に行く。高塚と云ったかな。 
ここは、ここいら辺の中心の場所らしく天皇家にも重要な場所らしい。細川護煕首相の碑もあった。V字型にレイ・ラインがあって、その場所の上に、ちゃんと、スポットが造られているらしい。 
昨日より、凄く寒いが、その場所は何故か、大地から温かいエナジーが体感出来た。その内、陽が出て来て、かなり大きな光輪が、現れる。 

いよいよ、阿蘇山をくねくね道で上がって行くと草千里の雄大な風景が眼前に、広がっている。地球の原風景の様で、ここは日本では無く、セドナやハワイみたいだと、皆さん云っていた。私は、朝鮮の「禿げ山」みたいだとも思った。 

その内、山頂の「お釜」に行く手前のロープウェイ乗り場で、トイレ休憩。 
その近くの、地味な阿蘇山頂神社へお参りする。 
又、現地の女性が「祝詞」をあげる。やっぱり、八拍手であった。 

その後、又、重要だが、絶対に見過ごしてしまう場所に連れて行かれると、小さな碑みたいなものに「梵字」が書かれている。 
これまでの、場所全てにですが、友人の女性は「マコモ水」を撒いていました。 
別の女性は、お酒をかけていました。 
私は、特別な「波動水」を撒いて来ました。 

そして、今回のメイン・ディッシュである米塚へ行く。 
「米塚」は、UFOのポータルらしい。 
今は、閉鎖されて、入れない無いのだが、現地の女性の方に「入りましょう!!!」と直感的に云われ、皆さんで駆け足で、塚の麓まで走る。 
普段、殆ど、運動なんかしていないのに、何故か、息も切れずに、足取りも軽く、筋肉痛にさえならなかった。何か、そこだけ、波動が軽いと云うか次元が違う感覚を確りと感じたのは、不思議だった。身体が半霊半物質的」「ケイ素ベースになっているせいなのだろうか!? 

現地の女性に促されて、マコモ水やお酒や波動水を撒いて「男性からどうぞ!!」と 
165cm位の枯れ草の僅かに「獣道」みたいな所をかき分けて入って行くと、突然、洞穴が現れる!!! そこに入るのに、少し足場の悪い斜面を下ると、ズルっと、滑ってしまった(笑)。 
洞穴の中に入ると、生温かく、地球の胎内に居る様な感覚であった。 
しばし、その中に居る。何かの小動物の頭骸骨もある。しかし、不気味な感じはしない。そこから斜前方に見える外へ出る穴を皆で写真を撮っていると、と或る女性の写真にアルプスみたいな風景が写っていたので、ちょいと、びっくりした。 

今度は「女性からどうぞ!!」と現地の女性に促されて、岩のゴロゴロした斜面を登る。外へ出ると、何か「生まれ変った」様な感覚を皆さんと味わった。 
あんなに寒かったのに、何故か、全然寒く無く、皆さんの身体も心も軽くなって、はしゃいでいた。それで、記念写真ほ撮り、ゲートを後にしてた。 

後は、食事をする為に、と或るドーム型ホテルのある施設で、食事を取るが、やっぱり直ぐにお腹が一杯になってしまう。 
パワースポットからエネルギーを貰うのかさっぱりお腹が空かないのである。 
それとデトックスなのか排泄は大小共に一日に、数回も行ったのにも驚いた。 
しかも、ちゃんと、休憩や神社のトイレで、出来たのも、不思議で、全てがプロブラミングされているみたいでした。 

「睡眠不足の男性」に「もう限界ですぅ~」と云われて、空港まで、別の車の運転をする事になりました。 
別の車でも、ワイパーを動かしてしまいました(笑)。たぷん、この当たりで気がついたんですが、鍵(家の鍵、実家の鍵、スーツケースの鍵と、全ての鍵)を亡くした事に気が付く(汗)。 

空港に着いて、荷物を降ろし、レンタカー屋へ車を戻しに行く。 
そこで、昨日乗っていた車の車内を探したが、見つからない。先ほどの食事をした所か、ホテルか、それとも「米塚」で滑った時に落としたか、何処で亡くしたかさっぱり憶えが無い。 

現地の女性方に、まとめのお話しを聞き、質問モードになった時に、やはり、察知されたのかどうしたんですか?? 心ここに在らずと云った感じですが??と云われてしまいました。私は「はぁ、鍵を何処かでなくしてましてぇ~」と云う始末。 

まぁ、あまり心配すると、現実化するので、気にしない様にしてはいたが、ちょいとは、気にはなる(汗)。いつも云ってる必ず戻って来るリュックと同じ意識を保とうと思うが、出発の時刻が迫っているし、ゆっくりしてもいられない。皆さんと、ハグをして、お別れして、東京に帰る組同士で、羽田まで2時間で到着。 
空港の「ラゲッジ・クレーム」へ降りる階段の所で、バーンとクリスタル・ゲイザーの広告看板を観てあっ!!」と皆でこれかぁ!!」と納得し合った。 
米塚の洞穴の中で写真に写っていたアルプスにクリスタル・ゲイザーの雪山が酷似していたからだ!!!クリスタル・ゲイザーの雪山はシャスタ山だと知ったのも、看板にシャスタからの水とコピーライトがあったからだ。 
「米塚」と「シャスタ山」は何か関係があるのだろうか!? 

皆さんと、京急で帰ろうかとも、思ったが、はぐれてしまって、1人で、実家に電話して、リムジン・バスで港南台まで直行しようと、直感的に、感じで、チケットを買った。それで、明日の別の友人との「忘年会」の為に電話をしに地下へ下ると、電車で帰る組の友人達に出会った。 
それでこうこうで、もうバスの券買っちゃたのよと云うと、女性の友人に

千葉ちゃん、それって、何か、意味があるんじゃ無いのぉ~」と云われた。 

いや、私も、何か、ある様な気がするんだけれど、それじゃ又ねぇ」と別れて、1人でBUSで実家へ帰る。 

============================ 
久々に、実家へ買えると、父親が14日~17日まで、仙台で、尿管結石の手術に行っていたのだと聞いてはぁ~なるほどねぇと直感した。 

それで、来年の3月で病院を閉めると云う話でもあった。 
私はそうかぁ。そういう意味があったかぁと納得した。 

しかし、自分マンションの部屋の鍵を不動産屋さんに連絡して、取りに行ったり、実家の鍵のスペアを造ったり、スーツケースの南京錠を壊す為に、金ノコを買ったり、その合間を縫って、忘年会に出たり、バタバタとして、やっとこさ、24日に自分の家に帰って来ました。 

セッションの依頼も入ったりと、今年はさっぱり、X'masどころでは無かった、連休でした。 

おみやげは、「辛し蓮根」と「米塚の溶岩の欠片」と「現地の女性の方の畑で作った人参のお茶」でした。 

帰宅して、神棚を観ると、「う~ん、今年は、神棚にお札が沢山来たなぁ」と 
思いました(微笑)。  

【後日談】

金ノコで、スーツ・ケースの鍵を壊して、中を漁ると、洗濯ものの中に、キーホルダーが入っておりました(苦笑、皆様、心配かけて、すみません

(^-^;)(一瞬、次元移動:テレポーテーションしたのかと思ったが、自分で、閉じ込めただけでした)。


★九州有数のパワースポット「幣立神宮」

★パワースポット-阿蘇神社- HD 

★探訪・カルデラ彩る美形の火山  熊本県阿蘇市「米塚」 

★CRYSTAL GEYSER 
http://www.crystalgeyser.jp/# 

◆私の神棚にあるお札類 
江ノ島神社」「寒川神社」「寒川神社の大祓札」「丹生都比売神社」 
日枝神社」「大船観音」「弊立神宮」「阿蘇神社」 
(私は、日本の神様シリーズっ!!!と云っとります、笑) 

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON