11,11,11の日(JCETI •ETコンタクト•ツアー)

えーっと、本格的に、冬への突入の季節ですね。 

私はと云えば、先週より、何かの感冒に罹ったのか、咳が止まらなくて、

体調的には、今ひとつです。まぁ、冬に突入したって事でしょう。

皆様、2011年11月11日には、何処で、何をしておられたでしょうか??? 

その日は、満月でしたが、雨の日で悪天候でした。 

そして、11,11,11と云う、新しい始まりの日でもありました。 
=========================================================== 

私はと云えば、その日は、丁度、グレゴリー・サリバンさんと云う、ワンダラー(宇宙人として、地球に、生まれて来た存在のことです)の方が、中心として、やっている、JCETI(日本地球外知的生命体センター)の、Extraterrestrial Intelligence: ETI(地球外知的生命体)とのコンタクトをするツアーに、参加する為、千葉県の某所に居ました。しかし、11,11,11と云う、ゾロ目の日とは、グレゴリー・サリバンさんに云われるまで、気づかなかったんです(ぼんやり屋だ、笑) 

しかも、大船駅で横須賀線に乗り込んで、ポケットwifiの電源を入れるも、作動しない!? 「ありゃあ~、これや携帯電話は、必要無いのだな」と直ぐに直感した。 

★JCETI(日本地球外知的生命体センター) 
http://jceti.org/ 

7月に、井上さん云う方と、横浜で個人的に、御会いした時に、彼が買ったばかりの本を観せてくれた時に、グレゴリー・サリバンさんと云う方を、初めて、知りました。 

井上さんの所で、次にも、雑誌のアネモネさんの所でも、JCETI の「ETコンタクト•ツアー」は、開催されていて、友人に「行きませんか??」と何回か、誘われていて、行きたいけれど、中々、スケジュールが合わなかったり、諸々の準備が出来ていなかったのでしょうか。 
やっと、参加出来たのでした!!! 

それまでに、リコネクション®のTAの方に、ホセ・アグェイアス「COSMIC DIARY 2012」を譲って頂いて、使い始めたり、前の日記で書いた石神京子さんのセミナーやら、コルマン博士「マヤ暦が2011年10月28日で終了する」と云った情報を、成り行きで、受け取った上での参加であり、正に、11,11,11と云う新しい時代への始まりに相応しい形での、ETI(地球外知的生命体)とのコンタクトをするツアーとなりました。 

皆さん、UFO と云う言葉は知っていると思いますが、あれは、Vehicle(乗り物)であり、ETIそのものと、コンタクトするのが趣旨なので、UFOを観るのが目的では無いんですね。 
しかも、CE-5(Close Encounter of the 5th Kind:第五種接近遭遇と云うのが、趣旨であるので、実際に、宇宙人とコンタクトするのが目的です。 
そこが、所謂「UFOを観に行くツアー」の類いとは違うと感じたので、参加しました。 

もう1つ大切な目的は、闇の権力(!?)が人工的に造り出している宇宙人まがいや、地球人が造った偽のUFO等と、本物のETIとの、その見分け方や、コンタクトの仕方を、教えて貰って、誘導してもらい、本物のETIと接触するのが目的なんですね。 

しかし、1947年のロズウェル事件から一部の限られた層の人達のみが、宇宙人と接触しており、宇宙人やUFOは怖いものだ!!と、ネガティブ・キャンペーンをやり始めた為、そういう偽宇宙人やUFOにアブダクション(誘拐)されてチップを埋め込まれると云う「恐怖的イメージ」を強烈に、映画や広告等のマス・メディア、等で、刷り込まれているんです。 
それを払拭し「事実」をデイスクロージャー(情報開示)し、我々普通の地球市民が、1人1人、ETIと直接コンタクトをして宇宙大使となって、我々、人類の「意識のパラダイム・シフト」を促すのが、グレゴリー・サリバンさんの使命であり、目的だと云っていました。 

彼の先生にあたる、スティーブン・グリア博士と云う方が主催するCSETIと云うJCETIの元になるアメリカの組織が、2001年にディスクロージャープロジェクトと云う活動をしていて、ワシントンD.C.で、画期的な会見を行い「地球外生命体の実存証言」をしたんだそうです。 
★スティーブン・グリア博士のCSETI 
http://www.cseti.org/ 
★ディスクロージャー・プロジェクト(日本語版) 
http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/ 

【ディスクロージャーの一部を紹介します】 
●「ケムトレイル」と云う飛行機雲をたまに、観ますが、あれは、わざわざ、人間に有害な物質をバラまいている飛行機が居て、それで、アトピーやアレルギーの人が多い。 
(ETIは、そういう物質や放射能の一部を、浄化してくれている。) 

●既に、一部の層の者達は、軍産複合体等、利権絡みで、戦争とテロを手段に使い、既に、ニコラ・テスラにより開発されている「フリー・エルネギー」を隠蔽している。 
そして、ワザワザ、原子力やHARRP(地震兵器・気象兵器)みたいな危険なエネルギーを使い、地球を破壊に追い込もうとしていた。それらは「リバース・エンジニアリング」と云われ、宇宙船の解体等を通して、超テクノロジーから引用・開発されているものが多い。 
(ETIは、歪んだしまった、地球上のレイ・ライン:グリッド・ラインを自然な状態に戻そうとしている。) 
〈グリッド・ワークである「リコネクション®」を提供させて頂いている者としても、ありがたい存在ですね。感謝!!〉 

●一部の層の者達は、メディア(マス・メディアは勿論の事、ネットでさえフィルター機能で、監視されている、特に、iPhotoやfacebookは、個人の顔を特定し易いので、それも利用されている可能性が多いにある)や、学術機関(一部のアカデミズム)、等も、貨幣経済を利用して、情報操作をし、20世紀まで、我々を、奴隷化して来たが、それも、上手くいかなくなったので、某闇の権力層の上層部は、20世紀迄のやり方を改めて改心していると云う話も聞きます。しかし、末端や下の者達は、相変わらず、ごちゃごちゃと、やっているらしい(笑)。アメリカも$がダメになってきたので、別の通貨を準備しているとも聞く。

勿論、今のアメリカ$は「FRB:Federal Reserve Board,:連邦準備銀行」が発行し、コントロールしている民間(アメリカの国家機関では無い!!)の単なる銀行券である。日本の「日銀」が発行している「日本銀行券」も、似た様なシステムである事に留意したい。 

●一部の層の者達の非難場所は、地底であったり、既に、火星に移住プロジェクト(マース・コロニー)を着々と実行しており、いざとなったら、そこへ逃げる為の、交通手段も既に、存在している。アメリカ等には、西海岸~東海岸間を地下に 2時間で移動可能な「磁気的な、移動交通手段が既に、存在している」。 


●宗教心も、ディスクロージャーを阻んでいる部分が或ると、グリア博士は、指摘している。 
それは、内面的に宗教的な信念体系が崩壊してしまうと、混乱するからである。 
既に、バチカンの責任者は「宇宙人が存在してもおかしくは無い」と声明を出している。 

等々、まぁ、信じるか信じないかは個人の自由意思に任せますが、日本でも、原子力事故以降、 
東電を筆頭に、JR等の半官半民(!?)企業やら、官僚天下り先企業みたいな、ものへの不信感には、皆様、敏感になっておられるので、大体、察しがつくかとは、思いますが、私は、別に、脅しているのでは無くAttention:喚起注意」を促したいだけです。もう旧いシステム・体制は、かなりダメになっていて、勝ってに死に行く過程にあるだけであると思います。 


それは、別に、嘆き悲観する事では無く、新しい、パラダイムへシフトしている真っ最中と云う事で、ETIもそれを応援したがっているのですが、宇宙的には、地球人が自力で或る程度、気づいて意識のパラダイム・シフト」を起こして欲しいと思っているのです。 
私も、それは、大賛成だと思いましたね!!! 

★第5接近遭遇 
グリゴリー・サリバンさんが説明しています。

★あなたの前に宇宙人が現れます! ヒカルランドTV NO.8 
この本、タイトルと表紙のベタさとは裏腹に(笑)中身は、好いですね。

★CSETI Night Vision Video- Very Bright Pulsating ET Craft, Mt. Shasta, CA-2009

グリア博士が、ETIとコンタクトした貴重な映像です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
それでは、JCETI •ETコンタクト•ツアーの私のリポートです。 

千葉駅から、別の電車で20分位の駅に着いたが、タッチの差で、会場へ向かうバスを逃し、TAXIを呼び止め、急いでもらいました(遅刻癖だぁ~、笑)。 

雨が降る悪天候の中、陽も暮れた頃に、千葉県の内陸部のと或るホテルに到着。まづは、セミナー・ルームへ入ると、20人位の方々や、グレゴリー・サリバンさんの、自己紹介&スケジュールの確認をしました。 

ETIのコンタクトに備えて、夕食を食べました(何か、グレゴリー・サリバンさんと「真向かい」に座って、色々と、お話しをしながら、夕食を食べました、笑)。

余談ではありますが、その時「チャネリングについてどう思いますか?」と、グレゴリーさんに訊くと、

「殆どは、低次のアストラル次元にアクセスしているのが多いですね」。

「5次元については、どう思いますか?」と訊くと、

「5次元と云う、大雑把な表現より『密度:Density』と云う表現の方が合っている気がしますね」とお答えしていました。

私も「次元とは上下のイメージが強過ぎるかもなぁ」とは思っていたので、「密度:Density」の方が、feelingとしては適確かもしれん、とは感じました。

「次元だって、バッキリと、別れているのでは無く、多分、無段階にグラデーションしているんだろう」とも、思っていたので。

「5次元」も「第4密度」も、まぁ、意味としては、同じと、捉えています!!!

 

その後、グリニッジ標準時での11:11分にあたる、20時頃に、セミナー部屋で、グレゴリー・サリバンさんのレクチャーが始まった。彼は、非常に、日本語が堪能で、頭脳明晰で、テキパキしている感じが、ワンダラーっぽかったでしたが、非常に、気さくな人柄の好人物で、とても、好い感じのエネルギーの方でした。 

皆さん、部屋の写真を撮っていると、部屋にオーブが沢山写っている人が続出しました。私の写真にも、オーブが写ってましたね。 

そして、皆、それぞれのロッジ風の建物にCheck Inし(何故か、私は、グレゴリーさんと同じロッジで、部屋は隣りでした、笑)荷物を整理して、いよいよ、22時からの、ETIとのコンタクトの為に、ホテルのロビーへ集合する。 
その途端、私の頭が締め付けられる様な「圧迫感」を強烈に感じ、「おっ既にコンタクトが始まったのかなぁ~!!!」と直感しました!! 
玄関の前で、記念撮影をして、コンタクト場所の芝のクラウンドへ向かう、途中も、耳がツーンとなり「圧迫感」は続いていました。

グレゴリーさん曰く「こういう症状はETIが、外科的手術をしてくれていますね」と云っていました。 

雨の降る中、真っ暗な、芝のクラウンドで、色々と、コンタクト・ワークをしていましたが、曇って雨が降っているので、中々、視覚的には、見え難いんですが、レーザー・ポインター(ETIとコンタクトを取るのに使う、遠距離まで、届くレーザー・ビーム)で、コンタクトを取ったり、ヴァイブレーションを感じる人、視覚的に見えたと云う人、等、ETIとのコンタクトの仕方は、実に様々で、如何にもな、ベタな(!?)現れ方はしなく、エレガントなコンタクトの仕方をするのだなぁと、思いました。 

一度、ホテルに戻り、休憩を取り、2回目のコンタクトへ。 
今回は、私は、「マトリックス・エナジェティクス®」の様に、後にのけぞったり、倒れそうになったり、「リコネクション®」の「レジスター:不随意運動」みたいなのが起こったり、身体に反応が来ましたね。後、何か、足のかかとが浮いちゃう感覚も、あり、ちょっと、それは、初めてだったので「宇宙船に乗れるかもなぁ!?」(笑)と思ったりもしました。 

再度、ホテルに戻り、休憩を取る。流石に深夜2時半なので、仮眠を取っている方も多く、暫くして、3度目のコンタクトヘ!!! 
何か、小降りに成って来て、ついには、雨が不思議と止み、皆さんで輪になったり、一列になったりして、コンタクト・ワークをする。 
すると、ETIがそこに居るよ!」と皆さんの中の人や、グレゴリーさんも、云うので、観るが、暗いし、私の眼鏡が曇るので、よく見えなかったですが、ほんの一瞬ですが、チカッと森の中が何回か光ったり、不思議と、と或る樹木のところだけ、風が吹いて揺れていたりしました(ETIは空に居るだけでなく、地上にも、降りて来るみたいですね)。 
そして、皆で輪になって、グレゴリーさんが、何やら、と或る「音」の出る装置(ソルフェージュなんたらかんたら、と云っていましたね)で音を鳴らすのに合わせて、ハミングして、皆さんで、意識を集中していると、悪天候の中、一瞬「満月が何回か現れたりしました。 
まさか、悪天候時に、満月が観れるとは、思ってもみませんでした。 
そして、極めつけに、謎の強い光が、その場の上空で「ぴかっ!!!」と光ったのを全員が目撃しはぁ、ワークが終わったのかもなぁ!?と思っていると、グレゴリーさんの機械の音の周波数やピッチが急に下がり、グレゴリーさんが「ワークは終了しましたね」と云って、ETIとのコンタクトは、終了しました。 
終了した途端に、又、雨が降って来たと云う、タイミングの好過ぎさに、ETIのエレガントさを感じましたね(微笑)。 

ロッジへ戻り、シャワーを浴びて、寝たのは、4:30を廻っていました。 
寝る直前に、回転するモノクロの観た事の無い、ヴィジョンが観えましたね。 


翌朝8:30に、同部屋の方に、起こされまして(寝坊屋だ、笑)、遅れて、食事を済ませ、ホテルのセミナー・ルームで1人1人、昨晩の体験を話して、シェアしました。 

一番、最初に、私がグレゴリーさんに促されて、いきなり、話すハメとなりました(笑)。 
細かい体験は、上記の如くですが、「とにかく、色々な、感覚を用いて、コンタクトするのですねぇ。そして、ETIのコンタクトは、さりげなくて、エレガントなので『セレンディピティ:Serendipity=まぁ、さりげなくも鋭い直感閃きの事です』と云う言葉がピッタリですね!!」と云う感じで、話しました。 

その後、Check Outし、駅迄の専用BUSに乗り、結局、都心まで、グレゴリーさん達や皆さんと、電車で帰る(ついでに、サインも本にして貰う、笑)。 
その電車のなかで、グレゴリーさんのiPhoneの時計が11:11分とゾロ目になったのを5人で観ました! 
東京駅でグレゴリーさんと握手して、別れました。 

【この日の日記は、次回へと続く】

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON