マヤ暦の終わりと、アセンション情報

11月になり、やっと肌寒くなって来た感じでしょうか。 
それでも、私は、暑がりなので、結構薄着ですね。

 

10月の下旬から、色々と、「マヤ暦の情報」や、「アセンション(次元上昇)の情報」が、何故か、沢山、入って来ました。

 

=====================================================

◆「石神京子(かなり優秀なチャネルの方だと思います)」さんより、 
沢山の情報が聞けました。

 

★石神京子プロフィール 

http://holisticlifeinstitute.jp/profile.html
 

★石神京子氏特別講演会 
http://www.mugendai-bunka.com/news_detail.php?recordID=155 

1. 今の地球の状況について。 
2. これからの人類の歩み方について。 
3. 未来の地球と日本について。 
4. 「日月神示」について。 
5. 「ゴッドハンド」の使い方について。
 

と云うテーマで沢山の情報が聞けました。 

現在は、この宇宙が誕生してから137億年が経過し、丁度その反転期を迎えている状態である。 

●宇宙的には、全て、計画通り進行している。 

アセンションの中で、彗星の衝突などの大災難から→ソフトランディングになるよう「進化」のプログラム・リセットを変更した。 


今までは、宇宙的には「数」で言えば「奇数」の時代だったが、 
これからは「偶数」の時代に変化する。
 

2011年11月28日頃から11月11日頃にかけて、宇宙からのエネルギーが増大し、 
アセンション(次元上昇)としては、いよいよ、本格的に、5次元に入る模様である。
 

この地球のアセンションの最高指揮機能を数年前に「銀河連邦」から「宇宙連合」にバトンタッチした。(これは、恐らく、シリウス、プレアデス系が、これまで、頑張って来たが、地球の状態が、あまりに酷いので、総仕上げとして、アンドロメダ系が、出て来たのと、関係がありそうです) 

「宇宙連合」の公安警察部隊である「アシュターコマンド宇宙船団」が、月で待機しつつ、地球の周りを包囲し、宇宙からの来訪者の検問を始めた。そして、ネガティブな宇宙存在の地球への侵入を制限し始めた。 

国常立神(くにのとこたちのかみ)が、人を通して:を入れる活動を開始した(そのお礼に、日枝神社へお参りして下さいね、と云われました)。 

「ゴッドハンド」の情報は、宇宙連合からのもので、宇宙船を動かす動力源である。このエネルギーは、人類を次元上昇(半霊半物質状態)に導くものである。 

と云う、内容でした(もっと、沢山の重要な情報がありましたが、割愛させて頂きます)。 

 

最後に、会場にいらっしゃった約、50名位の方々、それぞれに、石神さん自ら:を入れて貰っていましたが、私の時には、石神さんに、突然、いきなりプッ!」と吹き出され笑われてしまいました(笑)

凄く面白い方ですねぇ〜その感覚で皆さんに伝えていって下さいねと云われてしまいました。私の内面を、あまりに適確に指摘されてしまったので、この人は「チャネル」としては本物だと感じました。駅で皆さんと、お別れの時には、石神さんに「ハイタッチ」をされてしまいました(石神さん自体は、御しとやかで、品格のある女性なので、こっちも、ちょいと、その意外性にびっくりしましたが)
ペガサスさんの時にも、いっつも、別れ際には「ハイタッチ」だし、ハグとかは、どうも、無いんですよね、私の場合(笑、私って、そんなに、マンガチックかねぇ〜!?)。


ゴッドハンドと云うのは、井上さんと云う方が開発した、生命エネルギー増幅装置で、所謂スピリチュアル・グッズでは無いみたいですね(私は、所謂、スピリチュアル・グッズと云うのは、あまり好きでは無い)。ペガサスさんの「ペガサス本舗」で、売っているのはOEM商品みたいである。井上さんの所の方が、値段が安いしオリジナルなので、私はゴールドのを1つ購入。 コルちゃんと名付けました(笑)
★ゴッドハンド 
http://www.mugendai-bunka.com/goods_detail.php?recordID=10028 

「ゴッドハンド」は中は、原始的な構造で、コイルが入っていると、あったので、「パっ」と、思いだしたのが、ドランヴァロ・メルキゼデクハートの聖なる空間へと云う本の冒頭に、出て来るスリム・スパーリングと云うマッド・サイエンティスト的なオジさんの開発したR-2と云うコイル状の大気の浄化装置の話であった(何と、ユタ州の大気浄化を実現したそうだ!!!)。 
これは、最新のテクノロジーの1つであると確信したが、そういうものは、利権問題と絡むと、全く、我々の目の前には出て来ないのが、実際の世界である。 
我々人類は、もう既に、かなり、凄いテクノロジーを保有しているのだが、そんなものが、公に出廻ると、石油メジャー、軍産複合体、大手電気メーカー、役人的な既得権益に、利益が流入し無くなるので、隠蔽されているのが、常である(笑) 

電気を発見して実用化したのは、トーマス・エジソンだと「伝記」の類いで刷り込まれている輩があまりに多いので、ニコラ・テスラと云う人物を知っている方は少ないだろう。何たって、フリー・エネルギーを20世紀の初頭には、開発していたと云う凄い人なのだが、実は、本当は、電気の実用化を果たしたのはニコラ・テスラだったのだある。しかし、利権的問題から、歴史の外へ追いやられてしまったのである。 
実際、現在、我々が使っている「電気」は、テスラが発明した「交流電流」である(エジソンは直流電流であった)。 
彼の発明には「空間をひん曲げるテスラ・コイル」「フィラデルフィア実験:Philadelphia Experimentで使われたと云う、物質ワープ装置~何と、軍艦が次元移動したのだとか!?」「HAARPの元になったと思われる人工地震兵器、殺人光線、気象兵器」「UFOの反重力装置」等、相当にぶっとんでいるので《マッド・サイエンティスト》の代表格とも云われている。 

 

皆さんが、イメージしている「フリー・エネルギー」は、見せかけのテクノロジーだと私は観ている!!!

エコカー」「太陽光発電」「風力発電」等の偽エコロジー」「エコロジー商売」とは、

本当のフリー・エネルギー」を隠蔽する為のカモフラージュの線がかなり強いと私は観ている!!!

これから、徐々に、ディスクロージャーが目立つ様になるだろう。

大変に、楽しみである(笑)


リコネクション®だって、そういう意味では、最新の医療テクノロジーの1つであるとも云えるのだが、厚生労働省なんて〜古色蒼然たる役人や、厚生労働省と癒着している製薬会社にとっては、そんなものが広まっては、困ると云うのが、保険適用を絶対にしない、主な理由であろう(笑)。 
現に、レイキ・ヒーリングアロマ・テラピー等は、イギリスやフランスなど、ヨーロッパでは既に、保険適用がされている国が多いのである。日本の医療体制は、非常に遅れているのである!!! 
 アロマ・テラピーがこれだけ、普及するとは、20年前に、誰が予測しただろうか?? 今ではアロマ・テラピーを取り扱っているのは、極々、普通の事になっているは周知の事実である(しかし、未だに、厚生労働省が、さっぱり、認めないのは、如何なものだろうか!?)。私は、今でこそ、アロマ・テラピーはあまりやらないが、既に、1998年頃には、アロマ・テラピーの施術を受けて、色々な、体調不良に効果がある事を、実体験済みである。 
★Slim Spurling (スリム・スパーリング)
http://www.slimspurling.com/ 

★発明超人ニコラ・テスラ 
http://nikola-tesla.sakura.ne.jp/ 

★HAARP(地震兵器・気象兵器) 
これが、東日本大震災を起こしたと云う説もあるが、賛否両論ですね。 
http://www.haarp.alaska.edu/  

◆翌日は、知り合いの方より誘われていた秋山峰男さんと云うスピリチュアル・アーティスト、画家による曼荼羅セミナーへ行く。 
私は、美大を出ているし、幼少の頃から、美術は得意分野であったが、もう10年位、ちゃんとした「絵」を描いていない(苦笑) 
なので、久し振りに描いた感じであった。 
参加者の皆さんは、夢中になって、描く事に、相当に、感激し、楽しそうに没頭していたが、私は、まぁまぁ、と云う感じであったろうか(もう描き過ぎていて、飽き飽きしているフシもあるのだ、苦笑)。 
それでも、不思議と、納得の行く作品が創れたのは、不思議であった。 
★秋山峰男 
http://akiyama.vortex-world.com/ 

◆その直後、その知り合いの方に「コルマン博士のマヤ暦の勉強会」に誘われたので、帰り道だし、川崎の開場へ行く事にした。実は、私は、あまり「マヤ暦」については、詳しくは無い。 
★コルマン博士書・「目的をもつ宇宙」翻訳出版記念勉強会 
(講義担当方の経歴と、講義の雰囲気の暗いのには、かなり違和感を感じましたが…) 
http://www.onenessnippon.com/book/shuppanshinsha.htm 

ニューエイジ思想などにおいて「マヤの暦」と「2012年問題」「アセンション」を、初めて、結び付けたのは、『マヤンファクター』の著者であるホゼ・アグエイアス(英:José Argüelles)」によるものであるのは、有名で、2012年12月21日に「新しい太陽の時代」が始まると云うことで広まった。 
私は、大体、『コルマン・インデックス: スウェーデンの医学博士カール・コールマンの計算による「マヤ暦の最終日は2011年10月28日」と云う説』はおろか、2012年12月21日に「マヤ暦」が終わると云うメジャーな説くらいしか、知らなかった。 
色々と調べてみると、「2008年のリーマンショック」や「ドルの弱体化」を示唆する発言もしており、 未来予測の精度の高さでも注目を集めていて博士の研究はウォール街の金融関係者を中心に「コルマン・メソッド」として知られている様である。 

コルマン・インデックスによると、「マヤ暦」の第9サイクル Universal(全宇宙) ─開始日2011年3月9日終了日2011年10月28日=人類の意識進化の最終局面が、終わったと云う事である。ここで、「マヤ・カレンダー」は突然終わっているのである。 
★カール・コールマン博士~「コンシャス・コンバージェンス」2010.7.17-18 

「マヤ暦」が終わるからと云って、「終末論」と結びつけるのは、早急・短絡的だろう。むしろ、旧い体制が勝手に死んで、新しい世の中がやって来ると云う風に、楽観的に、私は捉えている。 
そういう意味では、2011年は「南半球の地震・洪水」「東日本大震災と原発事故」「米ドルの大暴落」「地中海沿岸諸国に於ける、リビア内戦、エジプトの大規模なデモ、ギリシャの経済破綻」等、皆さんの「価値観」を、根本的に変えざるを得ない、象徴的な出来事が連発しており、絵空事では無いリアリティーを帯び始めた年では無いだろうか?? 

10月28日前後より、かなり、この3次元の波長に、合わなくなって来ているのも、実感している。29日に用事で、都心へ出掛けたが、「自分が周りと、馴染んでいない、遊離感みたいな」ものを感じた。東京の都心の「波動」は、もの凄く「荒く、粗雑な感じ」が感じられた。食べ物も、何故か、嗜好が変わり、あまり、品質の悪いものは食べたく無くなった。又、食欲も、其れ程、無くなって来たが、体調が悪くて、困ると云う意味では無い(ちょいと、菜食主義者の感覚と云うものが体感出来ているのかもしれん)。 

色んな、セミナーの予定もあったが「どうも、東京に行きたく無いと云うか、何故か行け無い状況」が続いている。大船でさえ、あまり、東口の雑踏に行きたく無く、散歩や買い物以外では、結構、引き蘢り(苦笑)の状態である。 

まぁ、いよいよ、人類の2極化が進んでいるのだろう。 
どちらが、好い悪いでは無く、これは指向性の問題なので、個人の自由である。 

★Thomas Dolby - Sole Inhabitant Podcast #5 BlindedMeW/Science 
「彼女はサイエンス(邦題)」彼はニコラ・テスラが好きみたいですね。

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON