全ては自分の中にあるのだぁ〜!!!

いつも、思うのだが、皆さん、自分以外の存在に成りたがっている方がとっても多いと感じる。 

最近、と或る、20代の若い女性が「勝間和代」の顔が、バーンと載っている雑誌を、私に見せて、このヒトってカッコいいですよね。私このヒトみたいになりたいんです!!と、かなり、力んで、云われた。 

私はまぁ人それぞれだからねぇ~とだけ、云って、そこで、何か、云うのを止めた。その女性は、ちょっと、パニック状態的だったからである。 

最近は、何が、多いのだろうかは、よく知らないのだが、 
10年前に雑誌のデザインなんかをやっていた頃はあゆ浜崎あゆみみたいになりたい!と云う人も沢山居て、そういう格好をした人が沢山居た記憶だ(まぁ、ファションや格好だけなら、いいのだが…)。 

モノマネコスプレ完全コピーバンド(!?)セレブリティーと、なにか、自分とは、別物になりたい人が、とっても多いとも感じる。 

私だって、そういう時代もあった(苦笑) 

男の子の場合、もの心ついた頃には、何故か(!?) 
電車になりたいとか 
ウルトラマンになりたいとか 
スーパーカーになりたいとか 
そういうのが、多い(爆笑) 

それは、やがて、 
電車の車掌になりたい!」 
ウルトラマンの様なヒーローになりたい!」 
スーパーカーが欲しい!」 
に変化する(笑)。 
これを、そのまま、実現してしまう人も、実際に居る(これは、これで、一種の、自己実現ではあるが…)。 

更に、やがて 
電車の車掌は無理そうだけれど電鉄会社に勤めたい 
撮影所で働きたい 
スーパーカーのメカニック(技師)になりたい 
に変化する。段々と、消極的と云うか、現実的になっていくのが、寂しいが(苦笑)。 

しかし、「勝間勝代みたいになりたい」「あゆみたいになりたい」 
と云うのは、ちょっと、違うトーンを感じる。 
本当の自分を見失って、対象と「同化」している様なトーンが強いと感じるからだ。 

まぁ、これらは、全て「刷り込み」の賜物であるのは、間違い無いだろう!!!
「電車になりたい」は未だ程度としては軽い(男の子は、移動物が好きなんですな、笑)が、 「ウルトラマンになりたい」は、既にTVの観過ぎでマスコミの刷り込みが入っていると思う。 

思春期になるとマイケル・ジャクソンみたいになりたいとか太宰治みたいに生きたいとか、変な(!?)時代に突入する(笑) 

もっと、遡ると、お父さんの様な人になりたいとか三菱会社の社長になりたいとか、明らかに、親の影響・社会的な、刷り込みがモロに出ているケースもある。 

親を越えなさい!」「親を越えろ!」って〜言葉を、たまに聞くが、 
元々、親と自分は違う存在だと、私は思って来た(悪い意味じゃ無いよ、笑)。なので、鼻っから越える必要も無いし私は私の道を行くのだ!!と思っていたし、今でも、それは変らない。 


おっと、ちょいと、脱線(苦笑)。 

別に、楽しんでやっている分には、何も、問題は無いし、構わないのだが、何か、コンプレックスの塊みたいになって来ると、話は別である。 
自分自身を愛せない」「自分を好きになれない」「自分と云う存在を消したい」「自分とは別のキャラクターを演じよう」と云う感じになってしまうと、ちょいと、話が、違うんじゃ無いかと思う
 

自分自身(本来の自分・自分の本質)を見失っているからだ。 
ありのままの自分を許容する」と、その辺は、実は、凄く楽になるのだが、中々、刷り込みと云うものは、強いもので、抜けるのが、大変らしい。 

貴方は、凄いんだよ!
貴方は、凄いんだよ!

しかし、物真似的と云うか、他のキャラクターを上手く使うのは、アリだと思うし、私もよく使った(笑)。 
「役者さん」と云うのは、これを仕事にしているのだろう!!! 


私は、人に教える時には物真似感覚」「なりきり感(私の造語です)!!」と云うものは、かなり、使ったものである。 
美術予備校の講師をしている時なんぞは、当時、大学で習っていたキャラの立っている教授のを取り入れたり、古畑任三郎のキャラを、よく使用したものだ(笑)。 
これは、1つの演出でもあり、遊びでもあるのだ。家に帰れば、素に戻る。 
(と云ってても、まぁ、私自体が、マンガっぽいと云われるし、スラップ・スティックな面があるのは否めないので、素に戻っても、「なりきり感的なトーン」ではあるが、苦笑) 

高校生の頃から、楽器屋に行くと、よく楽器屋の壁にメンバー募集!! 当方ヴォーカル&ドラムテク(テクニックのある)のあるギター、ベース急募!! 尚当方のバンドは完全プロ指向の、●×△の完全コピーバンド!!!ヨロシク!!!的な張り紙を、よく観かけた。 
完全プロ指向で何でオリジナルじゃ無くてコピーなんだろうか!?」と首を捻った事がよくあった(笑) 

私は、カヴァーは好きだが、完全コピーには、興味は殆ど無い。 
宴会芸としては、まぁ、いいが、それ以上は、やりたく無い感じだろうか。 

しかし、全ては「模倣」から始まる。と云う事もある。 
なので、否定はしない。 
美術のデッサン(写実)なんかは「究極の模倣」の1つであるとも感じる。 
まぁ「モノマネ感覚」に、もの凄い近い!! 
しかし、何故か、皆さん、デッサン(写実)=テクニックと、勘違いしている生徒が沢山居て、教えるのに困った事もあった。 
デッサン(写実)=観察眼:ものの見方捉え方と、悟るのに、1ケ月で修得する生徒も居れば、4~5年もかかる輩も居たりする。 

ヒーリングも然りである 
ヒーリングテクニック」と云うのは、あまり好きでは無いし、本質的に、違う様な気がする。 

音楽も美術もヒーリングも感じるfeelする事が一番大切なのだと思う

貴方は、あなたが考えているより、ずっと、強いのだ!
貴方は、あなたが考えているより、ずっと、強いのだ!

自分以外の存在に成りたい人達」「自分と他人を比べる人達」 
他人と競争したがる人達」「自分の外側に、何か色々と、あるんじゃ無いかと思っている人達」etc... 
これらは、全部、同質なトーンを持っている。
 

しかし、それは、ちょいと、思い違いじゃ無いかとも思う。 

実は、自分の中(内面・内側)に、全てあると感じる。 

そうした「」が響き合って調和して、全体で、存在している。 
そんな感じだろうか。 

最強の敵は、自分の中に存在する。最強の神も、自分の中に或る。 
と云う感じの歌詞の歌を20年前位に、よく聴いていたが、それは、こういう事を 
歌っていたのだなぁ~と思った。 

★高橋幸宏 / Left Bank (左岸) 
(中間の短い部分に注意)流石、高橋幸宏さん、鈴木慶一さん。解っていたのだなぁ~。 

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON