World Happiness 2011とTHE BEATNIKS:ザ・ビートニクス

THE BEATNIKS(鈴木慶一+高橋幸宏)
THE BEATNIKS(鈴木慶一+高橋幸宏)

えーと、流石に8月に入ったら、大変に、暑い日が続いて、おりますね。 
皆様、御身体には、充分、御自愛下さいませ。 

何やら、イベントが目白押しで、日記が中々、追いつかないです(汗) 

================================================ 
《8月7日》 
前の日記の続きですね。 

World Happiness 2011と云うYMO高橋幸宏さんが主体となって、毎年やっている野外音楽イベントに参加するた為に、今年も行って参りました。 
このイベントは、2008より始まって、今年で4年目。私は去年からの参加です。 
(しかし「癒しフェア」といっつも、重なるのは、何とかして欲しいものです、笑) 
★World Happiness 2011 
http://www.world-happiness.com/index.html 

★癒しフェア2011 in TOKYO 
http://www.a-advice.com/tokyo/ 

前日の、青葉台の「リコネクション確認会」から直帰せず、会場の隣の駅の 
「潮見」APAホテルに余計に 
宿泊して、体力を温存していました。 
私は、APAホテルちゅーのは、初めてでした。何か、昔、TVのCMとかで、女性の社長さんが宣伝しているのは観とりましたが。 
ホテルにチェックインして、近所のコンビニで、予約しておいた、チケットを入手。今年も昨年と同じ「Aブロック」でした。 
しかし、コンビニのこういう機械で、チケットを入手したのは、初めてでしたな。 

私は、ホテルに泊まると、色ーんなものをチェックする癖があります(笑) 
今回のヒットは、スリッパでした。 
何か、中敷きみたいなものも付属で、「潔癖性」の私には、ナイス!! 

 

その内、幼馴染みの友人より、携帯にCallが入る。 
何かお父様が亡くなられて、葬式も済んで、一段落したところで、夢に、お父様が出て来て、あの世を見せてくれたみたいで千葉の云ってる事も、解るような気がするよ!と云っていたのには、私も、嬉しかったですね。

 

そんで、ゆったりと、風呂に入って、缶のハイボール(最近の、お気に入り)を1缶飲んで、寝ました。 翌日は、ゆっくり起きて、YMOファンの知り合いの方々と電話やTwitterで、連絡を取り合う。 まぁ、今回も、ギリギリでチケットを取ったんです(前々日)。

 今回は、THE BEATNIKS:ザ・ビートニクス(高橋幸宏+鈴木慶一の2人組、不定期ユニット)が目当てでしたから(去年は、PLASTICS:プラスチックス目当てでした)、まぁ、のんびりと行こうと決めてかかっていました(笑)。 それで、ホテルを出て、「潮見駅」のホームに立っていると、偶然、に関西のお友達の方にあれっ、千葉さんやないですか?と声をかけられましたf^_^; その他、共通の知り合い達もご一緒でした。 (今年は、1人で観るハメになるかもと、思っていのですが、シンクロニシティが働いたのでしょう、微笑) 
皆で、会場へと向かう。しかし、東京は暑い!! 汗がダクダク止まらない。 
会場にに付くと、「高野 寛」が歌っている声が聞えて来た。 
チケットと交換にグッズ(敷物とか団扇とか、その他色々)と、紙制の腕輪を付けられる(こいつで、ブロックを判断する)。もう、結構満員状態。でも、細野さんサイド(ステージに向かって、右側)の端の人工芝の空いてるスペースを確保。 
その時には、丁度「スチャダラパー」が始まっていましたかね。 

 

Aブロックの腕輪
Aブロックの腕輪

去年チケットを譲って下さった、ミュージシャンのお友達にも、偶然、御会いして、タオルを頂いたりして、感謝でした。 
全部、感想を書いていると長ーくなるので、今回は「THE BEATNIKS:高橋幸宏(YMO)+鈴木慶一(ムーン・ライダーズ)の不定期UNIT」YMOをメインに、リポートします。 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

「KIMONOS」「LITTLE CREATURES」(この2つは中々、好かった! )を一通り観ると、雨が降って来たので、食い物系の露店のある林に逃げ込み、しばし、雨宿り。遠くで「星野 源:サケ・ロックと云うバンドの人の音楽が鳴っている。雷もゴロゴロ鳴っている。雨は、中々止まない。木の下で、雨宿りしながら、ソーセージをつまみに、ハイ・ボールを飲んで、全然、知らない方々に、話しかけたりして、間をもたせる。高橋幸宏さんのツイートで「晴れ男がいるから大丈夫!とある。 
れは、鈴木慶一さんの事だろうか!?笑 

すると、不思議と、雨が止み、60億の天国(THE BEATNIKSの「M.R.I.」と云う3rd.アルバムと、高橋幸宏のソロ・アルバムにも入ってる曲)が聞えて来たので、会場へ戻る。 
何か、歌詞の内容の如く「暗闇に降りてくる。天国から」と幻想的な形態場:Fieldが出来上がっているのを感じました。 
たぶん、今回の「World Happiness 2011」では、この曲が、今の日本の状況を、色んな意味で、表現している、最も、リアルな曲だったと、私は感じました。 

【セット・リスト】 
● 6,000,000,000の天国 (60億の天国) 
NO WAY OUT (出口無し) 
DIDN'T WANT TO HAVE TO DO IT 
大切な言葉は一つ「まだ君が好き」 
ちょっとツラインダ 
最終出口行き-Last Train to Exitown- 

★The BEATNIKS 30周年 活動再開大宣言 
ワールド・ハピネスの楽屋で、発表だったのか、笑。

★THE BEATNIKS/ちょっとツラインダ 
う~ん、40代になると、染みる曲だぁ~! 名曲!! 

★大切な言葉は一つ「まだ君が好き」/THE BEATNIKS 
これは、色んな意味で、本質的な事を、さりげなく、表現してますね! 

★The Beatniks - ナウ・ウェイ・アウト No Way Out 
もう30年聴き続けている。そんじょ、そこらのテクノとは一線を画す、

隠れた名作!! 「出口は必ず見つかる!!!」 

★THE BEATNIKS OFFICIAL WEB SITE 
カッチョイイー!! 
http://www.thebeatniks.jp/ 

★thebeatniksback 
ザ・ビートニクスのUstream。 
http://www.ustream.tv/channel/test20110404 

しかし、ザ・ビートニクスとは縁があると云うか、「集合無意識」で繋がっている私である。 

◉1981年に、発売された1st.の出口主義の奥村さんと云うデザイナーによるジャケットに「ピン!」と来て、「将来デザイナーに成ろうか!」と設定したり。 
何か、大田区大森育ち(鈴木慶一さんは、大田区羽田育ちです)の私には「あの京浜工業地帯っぽい」雰囲気が、ピン・ポイントで、マッチしたり。 
◉1987の、今は無きインクスティック芝浦ファクトリーでのLIVEは、旧知の知人達を誘って、珍しく、私が、チケットを取ったり(私は、結構、腰が重いんです、笑)、その1年後に出会うことになる友人は、たまたま2Fの招待席で観て居たりしたり。 
◉2001年の時のコンサートには、チケットを買ったのだが、何処かに無くしてしまい、多摩美時代の友人のBE THE VOICE」(高橋幸宏プロデュースでデビューの男女音楽UNIT)和田純子ちゃんが、その時の、レコーディングとコンサートにコーラスで参加したので、相方の鈴木俊治君に、ロビーからタダで入れるよ!」「打ち上げにも行けるよ!と誘ってくれて、助かった記憶だったり。 
◉そして「神経症」と云う症状をお持ちなのが、お2人と、私も、同じである事も、付け加えておこう(笑) 

なので、今回も、何か、縁がありそうです(微笑) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

そんで 
「神聖かまってちゃん」 (何か、最近のバンドなのかな?)
「サカナクション」(相変わらず、BASSの女性がカッコいい&Vo.の人はULTRAVOXのジョン・フォックスみたいだと、勝手に思いました、笑) 
「salyu ×salyu」(ちょっと、あの大きなステージじゃ持たなかったですね) 
「YUKI」(JUDY AND MARYのヴォーカルの新バンド。まぁ、一番、メジャーなのか、大分、盛り上がっていた模様。私は興味は無かったですが…) 
◆TOWA TEI:テイ・トウワ(やはり、あの広い会場では、持たなかったかな) 
とかを、観流しました(笑)。 

その辺りの後半で、別のYMOお友達の方々と、合流!! 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

それで、やっこさ、大トリの「YMO」の登場!! 
まぁ、去年より、ちょいと、パワー・ダウン気味かなぁ。 
終わり方が、生煮えと云うか、ちょいと、リハーサル不足かなぁ!? 

とか何とか、いろいろと、心の中で、ツッコミをいれつつ観ていました(笑)。
まぁ、幸宏さんと教授(坂本龍一さんのあだ名です、笑)は59歳(来年、還暦だよ!) 細野さんは64歳で、あのオーラ(存在感 ) ですから、大したものです!!! 

小山田君:コーネリアス(昔、一緒にバイトしたとは思え無い位、偉くなったもんだ、笑)も、 もう、YMOには、無くてはならない存在みたいになってましたね。 
でも、「ABSOLUTE EGO DANCE」なんかを、やったのは、初めてじゃ無いかな。 
選曲も、「BGM」「テクノデリック」(ライディーンとかのイメージを知っている方らすると知らない方も多いと思いますが、180°違った、全然、メジャーじゃ無い内容だったので、レコード売り上げが1桁落ちちゃった、笑)からが多く、渋めでした。 

【セット・リスト】 
●Fire Bird (new tune) 
●FIRECRACKER 
●BEHIND THE MASK 
●THE CITY OF LIGHT 
●SEOUL MUSIC (京城音楽) 
●GRADATED GRAY (グレイの段階) 
●TAISO (体操) 
●1000 KNIVES(千のナイフ)  
●COSMIC SERFIN'~ABSOLUTE EGO DANCE 
●CUE (手掛かり) 
●encore~TONG POO (東風)

個人的には、今回のCUEは好かったし、踊れた(笑、今年は、あんまり、激しく踊りませんでした。私のダンスは、変だったみたいです、笑) 

★"1000 Knives" by Yellow Magic Orchestra at WORLD HAPPINESS 2011 
もう、UPされとるね、笑。小山田君のギターがイカしています! 

================================================ 

そいで、急いで、と云うか、まともじゃ無いルートで「新木場」の駅へ皆さんを先導して(真面目に並んで行くと云うのは、私は、大嫌いです、笑)向かい、隣の「潮見駅」で、「YMO好きな方」とのオフ会。 
何か、若い女性の作った手製の「YMOカード」なるものを引くと、 
「細野さん」が出る。 
「あぁ、なる程るね!」と思いました(笑)。 

細野晴臣さんは、もう30年以上前から、今で云うところの「スピリチュアリティー」は、とうの昔にやっていたからですね(画家の横尾忠則さんと一緒にインドへ行ったり、曲の中に「シャンバラ通信」と云う曲があったり。UFOの話をしたり、スタジオで瞑想したり、昔のYMO当時、坂本龍一さんがスタジオに入ると、いきなり、写経していたり(それを見た、坂本龍一さんは、当時、かなり、ドン引きしていたらしいですね~、笑)、宗教学者の中沢新一さんと一緒に、今で云うところの「パワー・スポット巡り」をしたり、昔からカルロス・カスタネダの「ドンファンの教え」を読んでいたり、ジョン・C・リリー博士の「イルカ・クジラ会議」に出席したり、彼のヒーローは「お釈迦様」だったので「お坊さんになる為に出家するすか、YMOを創るかどっちでも、好いの!」 と云ってみたり、etc)。 


下手をすると細野さんが色々と、やってなかったら、「日本のスピリチュアル・ブーム」も、もしかしたら、ずっと、遅れていたかもしれませんね。 
と、私は密かに、思っとります(それは、ちと、大袈裟か、笑)。 

まぁ、細野さんが居なかったら、はっぴいえんど(日本で、初めて日本語とのロック・ミュージックの融合を成功させたバンド(桑田圭祐なんかは、はっぴいえんどが居なかったら、出て来れ無かったと思いますよ)も、YMOも無かっただろうし、世界の坂本龍一も、松田聖子中森明菜のヒットも(結構、彼女達のヒット曲は、細野さんが創ってま〜す)、高橋幸宏さんのザ・ビートニクスも、鮎川 誠さんのシーナ&ロケット(細野さんが、プロデュースしてデビューしたんです)も、日本のテクノ・ミュージック自体も無かっただろうし、海外のテクノ・ミュージックも下手をすると、今の様にはなっていいなかった、と云う意味では、凄い方なんですわ!!!
まさに、日本のポップ・ロックを牽引して、海外のミュージシャンにも絶大な影響を与えて来た方ですね。 

でも、風来坊と云うか飽きっぽいと云うか、全然、偉そうじゃ無いところが、又、凄いんです!!! 

細野晴臣さんと、サディスティック・ミカ・バンドを創った、トノバン(故、加藤和彦さん)が居なかったら、日本のロックや、ポップスは、10年遅れていたでしょうね。 

何たって、細野さんの、おじいちゃんは「タイタニック号の唯一の日本人の生還者」だからね(微笑)。 
DNA的にも、ただ者では、無いんですよ!!! 

と云う事で、今年の秋の「The BEATNIKSの中野サンプラザのLIVE」には、腰の重い私(笑)も、行くのだぁーーー!!! 

今年の秋は、BEATでGO GOなのだぁー!!!

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON