BE THE VOICE Live in 葉山 UMIGOYA

7月31日》 
今日は、雨が降っているし、結構涼しいと云うか、ちよっと寒い。 
今日は多摩美時代の友人の「BE THE VOICE」と云う音楽ユニットの葉山でのLIVEである。 
やるかどうかは天候次第と、先日のメールの返信が返って来ていた。 
なので、家で、掃除やら、整理やら、洗濯やらをしていた。 

しかし、何日か前の夢の中に、BE THE VOICEの鈴木俊治君が出て来たので、多分「行った方がいいなぁ」と云うか、「行けるだろうと」直感はしていました。 
共通の友人に連絡すると行くけれど、天候次第だと云う。 

 

★BE THE VOICE 

http://www.bethevoice.com/ 

その内、何か、宅急便が来たので、何だろうと思って、荷物を開けると、 
「ブルー・ストーン」ダウジング用のペンデュラムだった。 
そうか、頼んでおいたんだっけと、本人は忘れている(笑)。 
「ブルー・ストーン」と云うのは、イングランドのストーン・ヘンジの石の事である。どういう経緯だったかと云うと、私のこのブログを観ていた方からの情報だった。 

ダウジング用のペンデュラムと云うのは、実は、五円玉とタコ糸で、簡単に作れるのだが、直ぐに、無くしてしまうのです(笑)。今迄、5つ位作ったが、全部どっかに無くしてしまいました。それで「ちゃんとしたのを1つ位は、買っておくかなぁ」と思っていたので、どうせならと思って、「ブルー・ストーン」のを予約しました。 
形も、三角錐を2つくっ付けた形が、幾何学的で、気に入ったのでお買い上げとなりました。 
★プレセリブルーストーン 
http://www.stonehenge.jp/ 

そうこうしている内に、俊治君に連絡を取ると、「もう、到着してるよ。Liveやるよ~」と云うので、「ほいじゃ、行くよ~」となりました。 

雨は止んでいたので、傘はささずに家を出ました(笑) 
「逗子駅」に着くと、雨が降り出しましたが、バスに乗って、一色海岸まで、行く。ここの海岸は、私のお気に入りで、13年位前から「Blue Moon」と云う、「ロハス的海の家」の奔りみたいなのに、よく行ってました。 
「Blue Moon」を知ったのは、確か、旧友の知り合いのWEBデザイン会社の女性がそこで、働いていたからだったかなぁ。それで、紹介されて、シー・カヤックと云うものに初めて乗ったりもしましたっけ。 
BE THE VOICEも9年前位だったかに、一度そこで、LIVEをやった時に、観に行って、その時の事務所の人が、当時、私のデザインの師匠と、縁もあったりした記憶でした。

でも、私は、随分と、海水浴にも行って無いし、去年はBE THE VOICEのLIVEは逗子だったから、葉山は久し振りでした。 

今度の「UMIGOYA」と云う海の家は、「Blue Moon」とは、一色海岸のトイレを挟んで逆の位置にありまして、今年初めて、夏の海を見ました。

やっぱり好いですね、海は。気持ちイイ! これで、晴れていれば、もっと好かったんですけれども。 

★UMIGOYA 

http://www.umigoya.net/ 

程なくして、俊治君と純子ちゃんに会う。それと、お二人のお子様にも、初めてお目にかかる。2人の子供だけあって、かなり美形の女の子でした。カワイイんですよq(^_^)P。

 

 私の載った本を、友人に渡したりしつつ、ビールを一本、飲みながら、しばし歓談すると、直ぐにLiveが始まった。 テント内は、夜も更けて、節電の為か、暗かった。 和田純子(Vo.)鈴木俊治(G. Vo.)に、南条レオ(E.B.)に、(カホーン)(Sax&Flute)と云う、編成。 2曲目あたりから「おっ!!」と云う感じになってきた。 去年とは違って、深みが増している!! 
とても、好い感じだ!! 
演奏もエモーショナル且つ、歌詞に深みが増していた。 

俊治君の相変わらず、マイペーイで穏やかな人柄がよく出ていた、ヴォーカルと曲やギターも好かった。 

今回は、出産後に創られた、新しいレコードからの曲も多く、そういう心情が反映された、やっぱり、行って正解! と云うLiveでした。 
「Byby Don't Cry」「Home」と云う曲の歌詞がとても好かったですね。 

「Be The Voice in Your Silence」と云う新曲では、ユニットの名付け親且つ、グラウンド・プロデューサーであった、YMOの高橋幸宏さんにも、お墨付きで、Be The Voiceと云う名前を曲や歌詞に、使ってもイイよ! と、許可も頂いたと云う曲で、これもBe The Voiceのデビュー・アルバムの頃から、続いている、フィーリング、エッセンスに溢れている曲で、気に入りました。 


途中のMCでは、やっぱり子供も出来た事も大きいのでしょうが、情報が錯綜する中での不安があるとも云っていました。九州に、引っ越す事も考えているとも云っていました。 
やはり。今年は、何処にいても、皆さんの反応が違う。 
時代がシフトしているのを、意識的にも、無意識にも、感じているのが、よく解る。 
でも、不安に「意識」を持っていっても、仕方が無いのである。 
皆さんが不安に「意識」を持っ行くと、それは、実現化してしまうので、TVやマスコミ、ネットの報道・情報との距離の取り方には、注意した方が好いだろう 
(私は、元々、かつては、広告・宣伝と云う領域に居たし、メディアの研究は大学からの専門でもあったので、余計にメデイアや報道と云うものの、特性については知っているので、あんなものは、適当に捉えておけば好いとも思ってまいます。眞に受けて、いたずらに一喜一憂する必要も無いだろう!!) 
私は、水も水道水を飲んでいるし、食べ物だって、全然、過剰には、反応していない。 
外から来る情報に意識を向けても、それは本当のリアリティーでは無い。 
自分の内面の声直感に耳を澄ましたほうが、その人に有益な情報がちゃんと入って来るし、要らない情報は、入って来ないのを感じる筈である。 

話をLiveや音楽に、元に戻そうかな。 

6~7曲目あたりから、雨が激しくなり、テントに水が沢山溜まり、チョロチョロと、雨漏りもして来たが、それとは相反して、Liveは、とても、好い仕上がりで、お客さんとの一体感も、とても好かった。或る種の形態場 :fieldが作られたと感じましたね。

【セット・リスト(2nd. Stage)】 
1. メローイエロー 
2.Baby Don’t Cry(新曲) 
3.Falling 
4.Home(新曲) 
5.Be The Voice in Your Silence(新曲) 
6.Where The Future’s Coming From 
7.? 
8.水の惑星 
Encore. Sign 

私は、何の心配もしていないが、やはり皆、得体の知れない不安を抱えているのは、何となく感じ取れた。が、音楽の力は、そういう不安を溶かしてくれる。 

音は波動である。CDやレコードが売れず、コンサートに人気があるのも、無意識に皆が、空気に音を波動として、響かせる事の凄さ、心地よさ、に気づき始めているからだと思う。コンテンツの問題や、配信形態の変化もあるだろうが、あまり、それは本質的では無いと思う。 

波動」は伝染する。音楽の好いところは、伝染し易いところだ(ネガティブな伝染もあるけれどね、笑)。 
そして形態場 :fieldを作り易い所だ。 
好い、波動の音楽と、海風や波の自然な揺らぎと云うものが、合わさって来ると、余計に、心地好いVibrationが、生まれる。 

逆に云うと、DAW(コンピュータの中だけで、作られた、音楽の事ですね)だけで作った、最近の音楽に味けが無いと感じるのも、そういう理由だろうとも、感じる。言い方を変えるなら、」の交流や「コミュニケーション」が無いからだろう。 

録音するにしても、一回、アンプやスピーカーを通して、空気に音を出して、マイクで拾うと云うブロセスを経ないと、どうにも、硬さがででしまう、と云う感覚も、よく解る。 

音楽業界や、芸能界が、もう1つ振るわない、変化していると云うのも、何か、頷ける。 
もう、旧い体制がやはり、立ち行かなく成っている証拠なんだとも思う。 
これも、1つのシフトだろう(微笑)。別に嘆く事では無いだろう。

新しい価値観やパラダイムへ、シフトする前の「夜明け前の暗闇」だからである。 

音楽とは別に、一番、印象的だったのは、俊治君と純子ちゃんの子供と目が合った時この子は、実は、何も、心配していないなぁ〜と云う事だった。 
心配しているのは、大人ばっかりであ~る。 
子供は、素直なので、こういう時は、テンションが上がりま〜す(笑) 

 

台風の来る前日なんかに、ワクワクした、あの感じと同じである。

★BE THE VOICE 
http://www.bethevoice.com/ 

★BE THE VOICE "Pieces of my life" 
ベルメゾンネット 中部地方 TVCMソングみたいです。 

葉山からの帰りのバスで、何となく、この方に会って、少し喋りました。 
D.J.の人みたいです。 
そんで、何か、CDまで貰っちゃいました。 
★Namy Blog/高波 由多加 (Namy) 
http://www.namy.jp/namyblog/2011/08/be-the-voice-boscabeach-party-in-hayama-1.html 

帰りは、雨が止んでいて、殆ど、濡れずに帰れました。 

皆、別々のリアリティーを生きてはいるが、ちゃんと、 
根っこRootでは繋がっていると云う事を 
改めて確認した、 7月の下旬でしたね。 

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション」「リコネクティブ・ヒーリング」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です ! 

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON