インドカレーの夢

この3日間くらい、夕食をたべると、うとうとと、眠くなって、そのまま寝てしまう。 
昨日も、そんな感じでした。 
それで、電話が鳴って、目が覚めるまで、寝とぼけていましたf^_^;。 

その時見た夢。 

【ここからは夢の中のお話です】 
何か、3ピースのバンド(外人で、ヴォーカルは女性で、あとは男性)のLIVEがあったが、何か、中止となり、その人達と、ファンの一部は、芸能プロダクションだか、TV局(フジ系列かな!?)のプロデューサーか何かに、拘束されている模様。 
何か、学校の様な建物の中に、缶詰にされている。 
食べ物も、行動も、いちいち、監視されているので、皆さん、とても具合が悪い。 
私は、その中にいるのか、それを俯瞰して観ているのかは、ちょいと不明。 
女性のファンなどは、ヒステリーを起こして、泣いたりしている。 
警察も、塀の周りを監視していて、出れない模様。 
「どうやら、警察もグルなのかなぁ」と思っている。 

私は、何か、憤りを感じて、思い切って、塀の外に出てみる。 
場所は、多分、港区だ。 
たぶん、TOSHIBA(!?)っぽい、工場やガソリン・スタンド、レコード会社のビルなんかがある。 

その内、Tシャツ姿に、角刈りで、太った、ホリエモン似のTV局のプロデューサーだか何かの人が、出て来て「実は、これは、ヤラセでした!!」と云うのだが、その人の人望が無いのか、全く伝わらなく、皆さん、ご立腹の模様。 
ホリエモン似のプロデューサーは、近所のラーメン屋で、皆に「ご飯を食べよう」と、バンドの人達に云っているが、通じない様子。 

それで、と或る、居酒屋か何かに、大御所芸能人が数人飲んでいる所に、そのホリエモン似のプロデューサーは相談に行くが、「お前は、センスが無いからダメだ!」とだめ押しされている様子。私も「こりゃダメだ!」と思う(笑) 

その中に、津川雅彦さんや、ミッキー・カーティスさん、沢田研二さんなんかも居る。その中に、トノバン(故、加藤和彦さん)も居た。 
私は、トノバンに色々と、事情を説明している(笑)。 
トノバンは「君、僕とおいでよ!」と彼の車に、私は乗る。 

それで、線路の踏切を渡り、と或る店に到着。 
どうやら、インド・カレーのお店みたいだ。 
席に案内されると、YMOの高橋幸宏さんが居る。ちょっと、緊張する(笑) 
色々と、3人で話している。さっきの事。YMOの事。ミカ・バンドの事、等々。 

幸宏さん「YMOも大変だったからね。昔は、縛りがキツくてね」と。 
「だから、僕なんか、事務所は自分で作ったし、スタジオも作った」とトノバン。 
何か、色々と話したが、段々、スノッブな会話になってきた(笑) 

「別の店へ、移ろうか」と、何となく、移動する。 
その店へ入って、又、カレーを食べる。又もやインド・カレーである。 
ワインも飲んだ。 
その内、セッションが始まった。 
トノバンは、何か、ギターを弾いて歌い出した。それで、幸宏さんも、ドラムを叩く。幸宏さんのドラミングは流石に、凄いタイトでシャープだ! 
「君も何か、やんなよ~」と云われる。 
仕方が無いので、立てかけあった、店のキーボードをいじりはじめた。 
「大体、何で、ベースの僕が、キーボードなんだろうか!?」とぶつぶつ云いながら、コードを探りながら、鍵盤を押さえる。 
心の中では「かなり、上がってまぁ~す」と云う感じで、大汗である。
 

何か、電話が鳴り、起こされ、ここで、目が覚める。 
冷房もかけていなかったので、部屋が、暑くなって、汗ばんでいる。 

「不思議な、夢だったなぁ」と時計を見ると、丸々、一日寝てた事に気づく(えっー、そんなに寝ていたのかぁ、トイレにも行かずに…)。 

それで、色々と、用事を済ませて、振込やら、郵便物を送るために、外出する。 

駅前に行くと、大船では老舗の島森書店が、7月31日で閉店していた。 

ここの書店は、大船でも、私が、小さい時からある本屋の1つで、一番、品揃えの確りした店であった。
「あれまっ、島森書店が無くなったら、大船には、まともな本屋は無いと云う事かぁ」と思いつつも「そうだ、昨日は、二の丑だったよね」と並びにある、鰻の美味い「観音食堂」を覗くが、お休みだ。 

さっきの夢を思い出し、「そうそう、インドカレー。インドカレー」と、インドカレー屋は何処だっけと、インドカレー屋に向かっていると、と或る、自然食品屋さんの前で、足を止める。「パンが切れていたよね」と、店先のパンを観ていると、お店の人が出て来て「このパンは凄い人気があって、後1つです」と云うので買う。 
「こんなところに自然食のお店があったのですか?」と云いながら、店の中へ入ると、御婦人のお客さんが2名いらっしゃる。 
みなさんに、「男性のお客さんとは、珍しいね」と云われる。 
「はぁ、そうですか? まぁ、ヒーリングとかやっているんですが〜」と話すと、 
「何? レイキとかそういうの?」と云われたので、 
「いや、ちょっと違うんですんが、まぁ、似た様なもんですぅ。あっ、名刺があったかな? あった、あった。これ、好かったら、どうぞ」と御3人に名刺を渡しつつ、 さっきの夢の話をしてたら、 
あぁ、それは、きっと、この店に来る為よ! インド・カリーは!」と云われた。 
「ははは、そうかもしれませんねぇ~」とお店を出て、 
インド・カレー屋に行く角で、インド人がチラシを配っていたので、貰う。 
「うーん、このチラシを持って行くと、5 %引きなのかね」と、 
お店へ入る。お客さんは女性1人のみ。 

お店のご主人に色々と、聞いていると、あまり日本語が話せない模様。 
仕方無く、英語で話すと、通じた模様。 
スパイシー・シーフード・ナン・カレーセットに、タンドリー・チキンならぬ、タンドリー・シュリンプ注文する。 
結構、美味い! 

「美味しかったですよ。ナマステ!」と帰ろうとすると、スコールが降って来た。 
「この傘を持っていって下さいな」と店のご主人は、傘を貸してくれました。 

それで、先ほど、帰宅しました。 
夢のお告げに従ったのか色々なシンクロニシティーが働いているのを今日も体感しました。 

感謝!! 


SADISTIC MICA BAND -Black Ship

これ観にいったなぁ。

★Suki Suki Suki★SADISTIC MIKA BAND 1975

(ギター・ヴォーカル:加藤和彦、ドラムス:高橋幸宏)

うーん、1975年にしては、新しいし、今もって、通用するサウンドです。

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション」「リコネクティブ・ヒーリング」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です ! 

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON