浜崎あゆみ考〜「友&愛」港南台店

 昔レイアウトした雑誌
昔レイアウトした雑誌

私は、2000年頃に、と或る、女子向けのティーンズ誌のデザインをやっていた時があって、別に、「浜崎あゆみ」の特集を私がレイアウトした訳じゃ無かったが(私は、別のコーナーでした)、出来上がった雑誌に「浜崎あゆみ」の特集がよく組まれていた。 
★CANDy キャンディー 雑誌ティーンフアッション誌 
 2006年に廃刊になってたのね。 
http://www.book-style.com/Candy.html 

「アユ」「あゆ」と皆さん、10代~20歳前後の女子達のカリスマ的存在である、と云うのは、何となく、知っていたが、あんまり、いや、殆ど、音楽的にも、存在的にも、興味が無かったので、気にも止めていなかった。 
ただ、当時、出会った、多様な10代~20歳前後の女子達には、確かに「浜崎あゆみ」は特別な存在であったのは、身近に記憶している。 

週末にYouTubeを観ていたら、当時のTVのドキュメンタリー番組みたいなのがあって、初めて「当時の浜崎あゆみのカリスマ性ぶり」を拝見した。 

確かに、その番組を観ている限りでは、周りのスタッフを巻込んでしまう程の、カリスマ性を発揮し「本人」が陣頭指揮をとっているのが解った。 
当時、私は「まぁ、どうせ、色々と、周りが、造り上げた、アイドル」位にしか捉えていなかった。 

私は、高度経済成長期に生まれ、1980年代と云う「暢気で明るい時代」に青春を過ごし、バブル時代に大学生と云う、ジェネレーションなので、今の、若い人達は「本当に、暗くて、シリアスな、時代をずーっと、今でも過ごして来たのだなぁ」と今更ながら、思いしらされた。 

浜崎あゆみの、存在意義は「私には居場所が無い。だから、詩を書いて歌ったりするしかなかった」と云うものである。 
その本質が、当時の10代~20歳前後の女子達の「寂しさ・孤独感」には、リアルに伝わっていたのだろう。 

 

★浜崎あゆみ - 独占密着150日 光と影 - 3 / 5 

確かに、2000年頃(ミレニアム前後)は、現在に負けず劣らず、大不況で、 
出口も見えない時代であり、坂本龍一さんの「Energy Flow」が栄養ドリンクのCM曲から、大ヒットし、

所謂「癒しブーム」の元祖にもなった時代である。 

江原さんが出で来る以前の、日本スピリチュアル・ブームの過渡期もこの頃からだと記憶している。

現に、その頃、私は「バワー・ストーン」関係の書籍のデザインの案件にも係っていた記憶だ。


大人は、坂本龍一さんの音楽に癒され、若い子達は、浜崎あゆみに、癒されていたのだろうか。 

 

★Ryuichi Sakamoto-Energy Flow 
リゲイン(w) 

しかし、当時ギャルだった、女子達も、今は、20代後半~30代前半だろうか。 
今の彼女達にとって、「浜崎あゆみ」とは、どういう存在なのだろうか?? 
================================================== 

それで、レコード会社の「Avexグループ」を調べていたら、 
どうやら、創業者の「松浦勝人」と云う人物が出て来た。 
●松浦勝人 
(まつうら まさと、1964年10月1日 - )は、神奈川県横浜市港南区出身の音楽プロデューサー、実業家。エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長。通称:masato max matsuura(マサト・マックス・マツウラ)。横浜市立野庭中学校、横浜市立金沢高等学校、日本大学経済学部産業経営学科卒業。(Wiki 
より) 

彼は、私より、2歳年上で、割りと、近く(隣の区)に住んでいた様だし、私が、高校生の頃(通っていた高校が、港南台にあったので)より、頻繁に通っていた貸しレコード屋(「友&愛」港南台店 )でアルバイトしていたらしい。その頃のアルバイト仲間で「エイベックス」を設立したらしい、と云う事を知った。 

私的には、音楽的には、「エイベックス・トラックス」のアーティストは、あまり、趣味でも無いし、興味も無いが、もしかしたら、松浦勝人 氏には、貸しレコード屋のカウンターで、会っていたかもしれない。 

尚、「2004年 - 2006年の エイベックスお家騒動」(まぁ、レコード会社内の派閥争いなのかな)の時に、浜崎あゆみは、松浦勝人を恩人としての義理から、CM等のキャラクターの多くを降板し、歌手業に専念していたらしい。 

何か、かつて(エイベックス時代以前)のレコード会社によく見られた「縛りのキツい体質は」 松浦勝人 氏や、エイベックス・グループによって、緩和されたのかもしれないと云う、感慨を持った。
何か「真面目だけれど、ゆるいいキャラ」「遊びと仕事は同義だ!」が信条の方の様だからだ。この態度は、至極、真っ当だろう。好きな事をやっている事がどう云う事なのかをよく熟知しているからだと思う。
又、ALFAレコードヴァージン・レコード(Virgin America)で苦労した、坂本龍一さんの「Commons」もエイベックス系であるのも、何か、よく解る。 

★hamasaki_ayumi0_0のジオログ 
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hamasaki_ayumi0_0/view/200901?.begin=21 

★仕事が遊びで遊びが仕事 masato"max"matsuura 
http://max.syncl.jp/ 
★Commons 
http://www.commmons.com/index.html 
=============================================== 

しかし、「友&愛」港南台店って、懐かし過ぎる(笑)。 
その「友&愛」港南台店と云うのは、当時、「港南台テスコ」と云う雑居ビルの1Fの片隅にあった。多分、一番、あそこで、レコードを借りていたし、そのレコードから、ダビングしたカセット・テープは、裕に、2,000本はあったと思うが、今は全部棄ててしまって、残っているカセット・テープは100本未満位だろうか。 
港南台「テスコ」
港南台「テスコ」

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション®」「リコネクティブ・ヒーリング®」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です !

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON