最早、スーツに、意味は無い。

この原発事故で、この夏の電力供給が懸念されているが、「スーパー・クール・ビズ」って云うのも、何か、些か、中途半端な感じもする。 

「より、涼しい素材で出来たスーツ」なんてーのも、出て来ている様子ですが、アイデアが旧い。 

私は、もう20年位前から、云っているのだが、「スーツなんてその内、燕尾服の如く、無くなるよ」と。 
19世紀には、シルク・ハットや燕尾服やフロック・コートを着ている人が大勢いたが、今、そんな人はいないのは、当たり前だ。 

私が、サラリーマン・デザイナーをやっていた頃も、何故か、その会社は、スーツ着用が義務であった。普通、クリエイター系と云うのは、私服が多いのだが。 

それで、真夏に暑いので、スーツから、ロッカーでアロハシャツと短パンにサンダルと云う格好に着替えて、帰宅しようとしたら、他の社員が「えぇっ、千葉さん、何やってるんですかぁ?」と、云われたので「はい、暑いので、電車の中も涼しくなっていいでしょ」と切り返した事があった。皆「はぁ、そういう、考え方もあったんですねぇ」と云っていたが、その後、実行している者も見かけなかった。

パーティーや正装以外に、スーツが必要なのか、甚だ疑問である。 
大体、真夏の暑い時期に、汗ダクダクで、スーツを着込んでいるのも、観ていて、不愉快な事も多い。 

ネクタイに関しては、一体全体、何の意味があるのだろうか?? 
最早、形骸化しているだけの様に思えてならない。 

フケが肩に沢山目立つ様な、明らかに、毎日同じものを来ているだろう、汚いスーツを電車の中で、観るのも、あまり愉快なものでは無い。 

「スーツ=失礼の逆」「スーツ=ちゃんとしている」と云う信念体系が、固まり過ぎているのだろう。 

かと云って、ホリエモンがTシャツ姿で、TVに登場した時には、別の意味での、 
違和感を感じた。 
「何か、この人の、美的センスは、全く信用出来ない!」と云うものであった。 
それは、案の定であった。金にまみれた、物質的な人間としか映らなかった。 

様は、形式では無いのである。 
「正装の美学」と云うものがあるなら、スーツだろうが。Tシャツだろうが、関係は無い。その人の美意識や感性の反映だからである。 

最早、十数年前から、毎年、暑い夏なのだから、いい加減、どうにかして欲しいものだが、 やっと、その進化・真価が、この夏には、問われて来るのであると、感じる。 

ちなみに、スーツの原型とは、「プリンス・オブ・ウェールズ: エドワード7世」が避暑地で、過ごす為の「軽装」の為の「ディットーズ(ラウンジ・スーツとも云う)」であった事は、あまり、知られていない。 

スティーブ・ジョブス(Apple)のジーンズと、ビル・ゲイツ(Microsoft)のスーツは、どっちがイカしているか?? と云うのも、同様の事だと感じる。

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション」「リコネクティブ・ヒーリング」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です ! 

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON