私のリコネクティブ・ストーリー【1】

 私は、22歳(1988年)の頃に、所謂、今で云うところの「パニック障害:かつては不安神経症と云われていた」と云うものになり、ありとあらゆる症状(目眩、心臓の動悸、息切れ、震え、じっとしていられない焦燥感、不眠、食欲が無い、等 )が全身に出まして、1ケ月色んな病院を渡り歩いたけれども「検査しても、何処も悪く無いです」と云われるんですが、明らかに具合が悪くて「死ぬんじゃないかぁ!!」と思うくらい、苦しい1ケ月を、何とか、やり過ごしていました。

もう、寝れないし、食べれないしで、1ケ月で10Kg体重が減りました。

それで、最終的に、精神神経科と云う(当時は凄くマイナーな所だったんです)所に廻されたら「ノイローゼ:神経症です」と云われ、薬を貰って、少ししたら緩解しました。

 

それ以来、結構、断続的に、仕事なんかのストレスなどで、心身を壊して、医者に行きましたが、何か、薬とか出されるだけなんで、かなり、疑問がありました。

 まぁ、現代医学と云うのは、対処療法なので、痛ければ「鎮痛薬」を、下痢ならば「下痢止め」を、眠れなければ「睡眠導入剤」を、ガン細胞ができたら「切って切除する」「抗がん剤を投与する」「化学療法・放射線療法」をする。と、まぁ、考え方は、「悪い所の症状だけを取り除く」「悪い所を、取ってしまう」と云う考え方なんですね。私は医師の家系なので、そういう事は、小さい頃から知っていましたし、勿論、それも大切な一つの治療法ではありますが、薬だと、副作用が必ずある。手術だと、身体へのダメージが大きく、術後の経過や合併症の危険が付きまとう。等、色々と、問題もあります。

それで、症状にフォーカスしたもので無く、こう、もうちょっと、身体全体を包括的(ホリスティック)に捉えたものは無いのかと、調べてみると、色んな代替療法(Alternative Medicine)がありました。しかし、結構、お値段も高いし、何から手を付けてよいのやら、踏みとどまっていて、何となく、「駅前のもみもみ屋(苦笑)」止まりでした。

 

それとは、別に、私の父は、医師のくせに、昔から、「波動水」とか、ピラミッド・パワーとか、中村天風さんの「天風会」とか、座禅とか、「黒田光線」とか、40年以上前から、オカルティックな(!?)代替療法に関心が強い人でもありました。それで、父方の爺さんや婆さんから、大目玉をくらったりして、苦労した様です(苦笑)。

 

そもそも、母方の祖父が、大手建設会社の東京支店長になって間もなく、転倒して、頸椎を痛めて手術をし、そのリハビリに、伊豆の温泉病院で、と或る方から、日本へ本格的に「ヨーガ」を初めて導入された、中村天風さんと云うインドで修行した「哲人」の方の「天風会」と云うのに誘われて、行き出したら、治癒してしまったんですね。

それで、父親も中年期に、心身を崩し、祖父の勧めで「天風会」に行って、好く成った。その時、私は、よく連れられて行った記憶があります。多分2歳位だったと思うのですが、中村天風さんに、直接、頭を撫でて貰ったんです(笑)。

私が高校生の時に、通っていた高校が合わずに、悶々としていたのを見かねてか、その祖父が「天風会の夏の修練会に、一緒に行かないか?」と云われ、まぁ、渋々、行ったんです(笑)。夏休みに、祖父の家に一週間泊まり込んで、護国寺まで「修練会」に毎日、通いました。その時に、初めて「瞑想」と云うものを体感しました。その頃、祖父は80代だったと思うんですが、闊達としていたのは、今思えば、凄いですね。

★天風会(公式サイト)

http://www.tempukai.or.jp/

 

そんな家だったものですから、父親の本棚にあった「スウェーデンボルグの霊界日記-死語の世界の詳細報告書」みたいな本は、25年前から、読んでいて、今、振り返れば、それが、最初のスピリチュアル本だったのかもと記憶しています。

★日本スウェーデンボルグ協会

http://swedenborgjsa.web.infoseek.co.jp/

 

私はと云えば、デザイナーになって、連日徹夜と云うハード・ワークを続けていたせいから、心身をかなり崩しまして、勿論、医師の所にも行きましたが、段々、カウンセリングとかを受けたり、色んな整体にも行きましたし、気功法もやって貰ったりして、何とか、持ちこたえていました。

1998頃に、アロマテラピーにも出会い、その後、自身でも、勉強したりしました。心理学とかをかじり始めたら、精神科医・心理学者のC.G.ユングの本に出会いまして、「集合無意識」「元型」「シンクロニシティー=意味のある偶然の一致」と云う概念を知り、段々とニュー・エイジや、スピリチュアリティーな方面に興味が向かいましたね。

★カール・グスタフ・ユング(Carl Gusav Jung, 1875-1961)

http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowledge/biblio/c-g-jung.html

 

2008年に、貪る様に、多様な「スピリチュアル本」を読んでいる中で、ブライアン・L・ワイス博士「前世療法」と云う本を、当時、住んでいた喜多見のBOOK OFFで、100円で買いまして(挟んであったメモと、立地から、察するに、多分、著名な画家のY尾さんの売ったものだと思います)、読んでいたら、大変面白くて、ヒプノセラピーに興味を持ちました。

★Dr. Brian Weiss, M.D.(ブライアン・L・ワイス博士の公式サイト)

http://www.brianweiss.com/

 

その後、思い出して、ブライアン・L・ワイス博士に習った方にヒプノセラピーをやってもらった時に、メニューに「リコネクション」とあり「何だろう?」と思いましたが、その時は、あまり追求はしませんでした。

 

2010の1月に、「寒川神社」を訪れた際に「祈祷」を産まれて初めて、やって貰ってから、色々と変化がありまして、何を思ったのか、本を読むだけで無く、「何か、やってみよう! 」と思って、2月にドリーン・バーチュー博士「エンジェル・オラクル・カード」と、DVDを買って、自分でリーディングしていたら、「凄い当たるなぁ!」と思っていて、「リーディング日記」を半年程、付け始めまして、所謂「形而上的な事」を体感した訳です。

はた又、或る日、と或る占い師に観てもらったら「結構、霊感ありますね!!」「千葉さんは、これから、もの凄い勢いで、その世界の事を勉強されていきますよ!!」と云われ、「ええっ、本当かいな!?」とも思ってました(その時は、霊感があるのか否かは、自分では、よく解りませんでしたし、こういう世界には、未だ、全然、疎かったんですね)。

★寒川神社

http://samukawajinjya.jp/index.html

★ドリーン・バーチュー博士の公式サイト

http://www.angeltherapy.com/


 

3月になって、アマゾンで、色んな本を買った中に「リコネクション」の本とDVDもあり、何となく置いておいたら、何回も本棚から落ちて来たので「読め!」って事か!?(笑)と思って、半分迄読んだら、眠くなって来て、DVDも観ていたら、途中で、うたた寝してしまい、あんまり、ちゃんと情報としてよく解らなかった。その時に、ネットを観ていたら、イブニング・セミナーのお知らせがあって、セミナー迄、3日位しか無かったんですが、何やら、直感的に、イブニング・セミナーを申し込んで、行きました。

エリック・パール博士本人も居て、何か、手が挙がらない人が、ヒーリングで直ぐに、治癒して、手が挙がる様になって、「何か、凄〜い、面白いかも!!!」と思って、係の人に「セミナーの空きありますかねぇ?」とその場で訊いたら、「ございますよ」と云われ、申し込みまして、翌日と翌々日には、レベル1&2のセミナーを受けていました。

その夜に、オーストラリア人女性のサイキック(なのかな!?)のTA(ティーチ・アシスタントの略で、専門の教師の事です)の方に、初めて、「リコネクティブ・ヒーリング®」と云うものをやって貰いましたら、その方は日本語も堪能だったのですが、何か、ウッカリ、英語でやり取りし出したんです(笑)。

今思えば、日本語で無くて、逆に、先入観の無い「ニュートラルな状態」で受けれたので好かったかと思います。

セッションが始まると、身体が勝手に激しく動くんで「なんじゃ、これは!?」とビックリしました。でも、酷い首や肩の凝りやら、身体の調子は好くなったし、おまけに、その晩、ホテル(と云うより、共同風呂に共同便所と云う安宿でした)に泊まっていて、寝て、明け方に、夢うつつの中、「天使の音楽」(と本人は認識している!?)が聴こえてきまして「う~ん、何か、凄い事になってるなぁ~」と思って、2日目のセミナーでも、やっぱり身体が勝手に、激しく動いてしまって、やってくれた相方の生徒さんもビックリしてました。

何か、「狐につままれた様な」気分で、帰宅しましたが、家族に話しても、理解されない(まぁ、当たり前ですが、笑)感じで、周りに、シェア出来る人も居らず、悶々としていました。

★「リコネクティブ・ヒーリング」レベル1&2セミナー(2010年春)

http://www.naturalspirit.co.jp/workshop/reconnect/reconnection1003.html

 

2010年3月頃の東京スカイツリー
2010年3月頃の東京スカイツリー

その約1月後に、日本人のTAの方より、一生に一度のセッションである「リコネクション®」のセッションを受けましたが、室内は暗いハズなのに、頭の方から光が差して来るし、身体は動くし、音楽は聴こえるし、と、てんこ盛りの体験でした。セッション直後の日から、以前、教えていた教え子に偶然出あったり、シンクロニシティーは増えるし、瞼の不随意運動レジスターと云います)は激しいし、自己ヒーリングをしていると、身体は、やっぱり激しく動くし、「何か、宇宙と繋がったのか、身体が改造中なのかな!?」と驚きでした。

 

「リコネクション®」を受けると、人生が、自分らしい方向へ変化し、加速すると云われましたが、確かに、以前の自分とは、確実に違う自分になっていると、今は、それを、しみじみ、実感していますね。

「リコネクション」は、身体にも精神にも感情にも、霊性にも、人生にも、その人に最も、相応しいヒーリングが起きると、よく云われますが、確かに、それはあると、私自身、実感しています。

 

後、何か、怪しげな儀式的な道具も、マントラを唱える必要も、何にもいらないので、凄くシンプルなところが気に入っていますね。

 

今でも、自己ヒーリングしていると、DNAの螺旋の様に、身体が、スパイラル状に、高速回転(!?)するので、よくは解りませんが、やっぱり、何か、「進化」しているのか、凄いパワフルな感じです。

 

©2010-2013 Issei Chiba All Rights Reserved.Unauthorised Copying prohibited.

ISSEI CHIBA

080-4618-3663

湘南の辻堂海岸より徒歩5分、大船駅・港南台駅よりバスで20分の緑溢れる、サロンで「リコネクション」「リコネクティブ・ヒーリング」を提供させて頂いて降ります「量子的変容サロン」のユニヴァース・ハンズ」です ! 

マルチヴァース・キングダム

公式サイトへ!!!

We Let The Light Go! (外部統一BLOG)
We Let The Light Go! (外部統一BLOG)

女優の河合美智子さんにインタヴューされたました。

 

今回、熊本県地震、および、東日本大震災により被害を受けられました皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、お祈り申し上げます。

 

後方支援として、

祈る事、癒す事で、お手伝いをしたいと思っております。

おひとりおひとりが、必要な情報と支援を得られ、

一日も早く、ご家族の無事と健康と日常の生活を取り戻される事を願っております。

CURRENT MOON